HOME»野菜の種カテゴリー一覧 春夏まき/秋まき»春・夏まきたね»根菜類»03 蕪(カブ)・ビーツ»

03 蕪(カブ)・ビーツ

品種名 商品の概要
数量・価格(税別)
スワン

タキイ交配

スワン

小カブとしても形質がすぐれ、本命の中大カブどりでは、やや偏円球の根形で尻づまりがよく、ス入りも遅い。肉質はやわらかく甘みがあり、漬物のほかサラダ用にも使える良質性が最大の特徴。病気にも強く、葉が比較的徒長しにくい。 [詳細を見る]

耐病ひかり

タキイ交配

耐病ひかり

耐病性で太りが早く、小-中-大カブと、大きさはお好み次第。吸肥力が強いので、肥料は極力控えることが大切。播種後1ヵ月余りで小カブに、50日余りで中カブになる。 [詳細を見る]

はくれい

F1

はくれい

小かぶ(小蕪)。元祖サラダかぶです。中早生で、根部は丸みのある扁円形でよく揃い、乳白色です。 [詳細を見る]

白馬

武蔵野交配

白馬

球形は腰高のボール型。尻のまとまりよく、ひげ根の発生は少ない。肉質は緻密で軟らかく、糖度が高いため食味抜群。サラダ用カブとして、また従来の小カブと同様、浅漬け、ぬか漬け、味噌汁等にしても美味。 [詳細を見る]

みふね

サカタ交配

みふね

高品質と耐病性を兼ね備えた食味のよい小カブです。白さび病、根こぶ病、萎黄病に耐病性を持っており、肥大性、尻まとまりが良く、ひげ根も少ないのが特徴です。葉は立性で、大きさは中程度です。肌は白色でテリがあり、肉質はやわらかく食味がよいです。第53回全日本野菜品種審査会一等特別賞受賞。 [詳細を見る]

あやめ雪

サカタ交配

あやめ雪

極立性で玉のそろいがよく、色合いのきれいな紫白カブです。肌は肩の部分が鮮紫色、下の部分が白色になります。根部は腰高の偏円形で肥大性がよく、裂根、変形が少なく、ス入りも遅く作りやすい品種です。肉質はち密で甘みも強く、食味も良好です。直売所でも人気です。 [詳細を見る]

金町小蕪

固定種

金町小蕪

厳寒期を除いて、年中栽培ができる極早生の小カブです。肌は純白、根径4-5cmくらいの整った球形で美しいです。肉質はやわらかくて甘みがあり、食味上々です。作りやすく、家庭菜園には最適です。 [詳細を見る]

特選 黄金カブ ゴールド

固定種

特選 黄金カブ ゴールド

表皮が美しい、黄金色のカブです。スライスしてサラダに、また、シチューや煮込み料理に利用します。 [詳細を見る]

ターニップ(洋種カブ)

固定種

ターニップ(洋種カブ)

根の上半分は赤紫色、下半分は白色の表皮をした西洋のカブです。肉質緻密で煮崩れしにくく、煮込み料理やシチューに利用します。 [詳細を見る]

ルタバカ

固定種

ルタバカ

黄茶色の表皮をした西洋の蕪です。貯蔵性に大変優れており、肉質は洋種カブ以上に緻密で、ほとんど煮崩れしません。 シチューなどに利用します。 [詳細を見る]

あかくら蕪

小林交配

あかくら蕪

根部の肌は全面美しい鮮紅色の豊扁円球、肉質ち密で軟らかく独特の風味と香りがあり、浅漬・糠漬・三杯酢などに好適。生育すこぶる旺盛、葉柄淡緑色で粘りがあり、葉はやや濃緑色の大葉、乾燥と寒さによく耐える。 [詳細を見る]

愛真紅3号

武蔵野交配

愛真紅3号

球色は赤色濃く、肉色は中心部まで赤色がまわり、非常に美しく、市場性が高い品種です。葉柄は、濃紫色を呈し、葉長は60cm程度となります。球径が13cmになっても、変形・ス入りがなく、肉質は中程度の硬さで、品質良好です。球の肥大は中早生で、やや吸い込みの腰高球となります。 [詳細を見る]

岐阜紅かぶ

在来種
固定種

岐阜紅かぶ

岐阜県原産で葉色淡緑色、蕪の外面は濃紅、肉色は純白美麗この上もない好色調をし、塩漬け・酢漬けとして食卓に供すれば、外面の紅が純白の肉面に流れ、純白の肌に紅さしたような美しく魅力的な逸品です。尻しまりのよい平球1/2であるので、播種後20日位から随時収穫しても濃紅で、しかも、尻しまりのよいものが収穫できます。特に本種の特徴を生かして、小蕪大に生育したときから、間引きし、葉蕪として販売あるいは早漬け用とし、大蕪になったら、漬物・酢漬け利用するとよいです。 [詳細を見る]

デトロイト・ダークレッド

固定種
導入種

デトロイト・ダークレッド

食用ビーツ(てんさい)の一種。根は球形で、中まで深紅です。1800年代後半からの在来種で、根部分は、栄養が高く、ミネラルと天然の糖分を含みます。デンプン質を多く含み、脂肪分が低く、また、血液をきれいにすることから、古くから「血液によいカブ」とされてきました。 [詳細を見る]

ソーレ

固定種

ソーレ

イタリア名「バルバビエートラ」。バルバビエートラとは、砂糖大根やテーブルビートとも呼ばれる根菜です。独特の香りがあり、甘さ、軟らかい食感と鮮烈な色を楽しみます。「ソーレ」は、外観、内部とも濃赤紫です。肉質軟らかく、甘みが強く、酢漬や茹でてサラダ料理が定番です。皮をつけたまま茹でて、加熱後、皮を剥くと良いです。 [詳細を見る]

ゴルゴ

固定種

ゴルゴ

イタリア名「バルバビエートラ」バルバビエートラとは、砂糖大根やテーブルビートとも呼ばれる根菜です。独特の香りがあり、甘さ、軟らかい食感と鮮烈な色を楽しみます。『ゴルゴ』は、キオッジャ地方で栽培されるタイプで、紅白の年輪模様が美しいです。根の部分は薄くスライスして、サラダの彩りにするのがお勧めです。葉も、茹でてからレモンとオリーブ油で和えたり、バター炒めして食べられます。 [詳細を見る]

ルナ

固定種

ルナ

イタリア名「バルバビエートラ」。バルバビエートラとは、砂糖大根やテーブルビートとも呼ばれる根菜です。独特の香りがあり、甘さ、軟らかい食感と鮮烈な色を楽しみます。『ルナ』は、表皮は濃いオレンジ色で、断面は鮮やかな黄色です。根の部分は薄くスライスして、サラダの彩りにするのがお勧めです。葉も、茹でてからレモンとオリーブ油で和えたり、バター炒めして食べられます。軟らかく青臭さ等は無く、淡白で美味しいです。 [詳細を見る]

サフランイエロー

固定種

サフランイエロー

外皮はオレンジ色、中身は美しい黄金色のビートです。実は甘くて美味しく、ビートと同じようにシチューや煮込み料理に利用します。若葉はサラダに利用できます。 [詳細を見る]

センツァテスタ

固定種

センツァテスタ

カブの一種ですが、葉を食べるカブで、根は肥大せず、葉だけが生長します。生育が早く、播種後約40日で収穫でき、間作用の作物としてもおすすめです。からし菜のように少し辛味があり、加熱すると甘味も感じられます。エグミが少ないので、お浸しや炒めものにおすすめです。イタリアでは、パスタ料理によく使われています。 [詳細を見る]

セロリアック

固定種

セロリアック

セリ科の多年草です。セロリーの一種で、根がカブ状に肥大したものを食用とします。風味はセロリと同じで、バターで炒めたり、スープ・シチューなどの煮込み料理、生のままサラダにして食べます。一方、葉の方はセロリーに似ていますが、苦味が強く固いため、食用には向きません。収穫適期は、根部が握りこぶし大(8cm前後)になってから収穫します。 [詳細を見る]