HOME»野菜の種カテゴリー一覧 春夏まき/秋まき»春・夏まきたね»葉菜類»09 レタス・サラダ菜»

09 レタス・サラダ菜

品種名 商品の概要
数量・価格(税込)
ユーゴスラビアンレッド

固定種

ユーゴスラビアンレッド

赤が混じったバターヘッドタイプのレタスです。直径は約30cm位になります。外側の葉ほど赤みが多く、内側の葉は明るい緑色で、わずかに赤い模様が入り、とても美しいです。柔らかくて美味しい、米国で人気のレタスです。 [詳細を見る]

エンダイブ グリーン・カールド2

固定種

エンダイブ グリーン・カールド2

ビタミン類やカルシウムに富んだ丈夫なチシャで、ニガチシャとも呼ばれます。葉は欠刻が特に多い細長い形をしており、葉数が多く開帳して育ちます。軟白すれば淡黄色となり苦味も減り、サラダ野菜に最適となります。一般に暖地では、晩夏まき秋採りのほかに、早春まき初夏採りもできますが、初夏採りは高温多湿のため軟白はむずかしいです。 [詳細を見る]

エンダイブ フリース2

固定種

エンダイブ フリース2

ビタミン類やカルシウムに富んだ小型のエンダイブです。葉は欠刻が非常に深く、細長い形をしています。苦味が多く、苦ちしゃとも呼ばれます。軟白すれば淡黄色となり苦味も減り、サラダ野菜に最適となります。一般に暖地では、晩夏まき秋採りのほかに、早春まき初夏採りもできますが、初夏採りは高温多湿のため、軟白はむずかしいです。 [詳細を見る]

スカローラ

固定種

スカローラ

レタスと比較し、肉厚で耐寒性・耐暑性に優れ、極寒期・酷暑期を除き栽培可能で、強健なキク科野菜です。日本では、葉の刻み強く中心部を軟白したエンダイブが流通しますが、本種は、広葉で全体に柔らかく、軟白無しでも美味です。 [詳細を見る]

ケルン

固定種

ケルン

太った茎を食用にするレタスの一種です。茎の皮を厚くむいて炒め物、ゆでてサラダなどに。みずみずしく、歯切れのよい食感が美味です。別名「やまくらげ」。 [詳細を見る]

アスパラガスレタス

固定種

アスパラガスレタス

茎も葉も食べられる立性レタスの仲間で、ちしゃの茎が特に発育するタイプです。葉は細長く、かきちしゃの抽苔し始めの様な姿をしています。茎の表皮をとって、生食・漬物に利用します。アスパラガスレタスというのは、その太茎の肉質が柔らかく、煮るとアスパラガスのようになるからです。春まきが最適ですが、厳寒と酷暑以外なら、周年栽培できます。やや日陰でも差し支えありません。 [詳細を見る]

ガーデンレタス

固定種

ガーデンレタス

各種レタスの種のミックス。コスレタス、長卵形、切れ込みの深いギザギザ型、緑が縮れるタイプなどの葉型で、葉色が赤や緑の種子5種類がミックスしてあります。サラダに入れるとおいしく、見た目にも美しくなります。また、花壇の縁どりなどにしてもきれいで、観賞しながら収穫も楽しめます。 [詳細を見る]

サラダセット

固定種

サラダセット

ブロンズ(赤リーフレタス)・グリーンリーフ・エンダイブ・サラダ菜・チコリ(青)・チコリ(赤)・クレソンの7種類の種子がブレンドされて入っています。 [詳細を見る]

菜々彩セット

固定種

菜々彩セット

雪白体菜・東京黒水菜(小松菜)・千筋京水菜・大東京べかな・セリフォン・京都赤大葉高菜・ロケットの7種類の種子がブレンドされて入っています。 [詳細を見る]

赤軸ソレル

固定種

赤軸ソレル

明るい緑色の葉に、赤い葉柄と葉脈のコントラストが色鮮やかなソレルです。ソレルは、非常に古くからの香辛料です。茎部で矢形になっている、厚みのある広い葉には酸味があり、サワーグラスとも呼ばれます。若葉をサラダなとに利用します。 [詳細を見る]

イタリアンタンポポ ボールドレッド

固定種

イタリアンタンポポ ボールドレッド

ピリッとした苦味がおいしい、イタリアの高級サラダ野菜です。 レタスやキャベツの1割ぐらいの分量でミックスし、サラダに。また、葉形を生かして、飾り付けや彩りに。ドレッシングをかけて食べると、ピリッとした苦みがありおいしいです。 [詳細を見る]

エルバステラ

固定種

エルバステラ

エルバステラは、イタリアではサラダ野菜として利用されています。ほのかな甘みと苦味が特徴で、食感はサクサクしており、ナッツのような芳香を感じます。どんな料理にもよく合い、浅漬けや鍋、さっと炒めてパスタの具に利用します。寒さには非常につよく強健ですが、暑さは若干苦手です。多湿に強く、水耕栽培が可能です。プランターでの栽培に適しており、ベビーリーフとしての栽培も可能です。美しい姿を利用して、スイーツや肉料理の飾りにもお勧めです。 [詳細を見る]

カタローニャ

固定種

カタローニャ

耐寒性・耐暑性に優れ、極寒期・酷暑期を除き栽培可能です。強健なキク科野菜です。生で食べると、固くほろ苦い味がします。刻みの入った茎葉を、株ごと収穫して利用します。 [詳細を見る]

トレビノ

固定種

トレビノ

イタリア原産の「チコリ」の一種。赤紫色に結球します。生野菜として添えものやサラダとして、重宝します。さわやかな苦みと甘みがあり、色どりも綺麗です。球の肥大や着色の揃いがよく、定植後50~60日でソフトボール大に結球し、約300g~400gになります。 [詳細を見る]

ヴェネチア

固定種

ヴェネチア

イタリア名「ラディッキョ・ロッソ・キオッジャ」。直径12cm位の球形で、赤と白のコントラストが美しく、気温に関係なく発色が良いのが特長です。直まきの適期栽培で極早生の70日タイプです。晩抽性で耐暑性があり、高冷地では夏作も可能です。低温には弱いので、結球させるなら、秋の遅まきは避けるのが望ましいです。 [詳細を見る]

プレコーチェ

固定種

プレコーチェ

北イタリア・ヴェネト州、トレヴィーゾで栽培されるラディッキオの一種です。日本での栽培に適した早生種です。主に、秋播きで栽培します。定植後70~80日で、収穫可能です。キオッジャ種に比べ、結球が遅い傾向があるので、初期生育を促し、外葉を大きく作る必要があります。育苗・定植時には、低温と乾燥を避けることが栽培のポイントです。コンパクトな草姿でしっかり巻き、秀品収穫が期待できます。 [詳細を見る]

チコリー F1 ポルシェOG

固定種

チコリー F1 ポルシェOG

フランスで人気の超高級野菜です。さっくりした歯ざわりと上品なほろ苦さ、さわやかな香りが特徴です。キャビアやサラダを載せて、オードブルに。また、サラダやグラタン・バター炒め・スープなどに利用します。鉄分・カルシュームが豊富で、苦味のある葉は肝臓に良いとされています。 [詳細を見る]

丸チコリー F1 エレガント

F1

丸チコリー F1 エレガント

結球するカステルフランコタイプのチコリーです。内部の葉色が、淡いクリーム色で、所々に鮮紫色の模様が入っています。秋が深まり寒くなるにつれ、中央が結球し、内部の葉色のコントラストが美しくなっていきます。見た目がバラの花のように美しく、サラダなどの彩りにおすすめです。 [詳細を見る]

ズッケロ

固定種

ズッケロ

イタリア名「パン・ディ・ズッケロ」主に、北イタリアで食べられているサラダ用野菜です。ラディッキオの一種で、定植後75日前後で収穫します。縦長に結球し、草丈40cm、重さ700gに達します。葉は大きく30cm以上になり、平滑で滑らかなシート状になります。春作・秋作で栽培可能で、適応作型は広いです。ほろ苦いので、サラダに使う時は、ミックスサラダの一部にしたり、せん切りにして木の実やカリカリに焼いたベーコンなどと和えて使います。また、歯応えがしっかりしているので、炒めてパイ包みにしたり、そのままグリルにしてオリーブ油をかけるなど、応用範囲の広い野菜です。 [詳細を見る]

アスパラガスチコリー

固定種

アスパラガスチコリー

ヨーロッパでは、「プンタレラ」とも呼ばれる多年生チコリーの一種です。ビタミン・ミネラルが豊富で、イタリアでは大人気の健康野菜です。若葉や軟白した根元を利用します。若葉には少し苦味があり、軟白した根元は、軽く湯通しすると、アスパラガスに似た独特の風味があります。ともに肝臓によいとされています。 [詳細を見る]

タルディーボ

固定種

タルディーボ

手をかけて栽培されるタルディーボは、イタリアでも超高級野菜として人気があります。赤白のコントラストが美しく、独特の歯ざわりや甘味も感じられる苦味は、サラダやグリルなど様々な料理に利用できます。 [詳細を見る]

ルシア

固定種

ルシア

クリーム色に赤い斑が入る美しい葉は、様々な料理に彩りを添えます。結球するルシアは、半結球のカステルフランコに比べ栽培が容易で、特別な処理をしなくても淡く絶妙な色合いに仕上がります。輸送性や日持ち性にも優れます。定植後80日で収穫出来る早生種で、肉質もクリスピーで柔らかく、苦味が少ないです。 [詳細を見る]

カステルフランコ

固定種
導入種

カステルフランコ

チコリーの仲間で、見た目はバラの花のように美しく、サラダなどの彩りに、イタリアでは大人気の高級野菜です。半結球部の葉色が淡いクリーム色で、所々に鮮紫色の模様が入っています。葉質はレタスより緻密で、まろやかな独特の風味があり、サラダの風味をより深めます。 [詳細を見る]

ローマ

固定種

ローマ

イタリア名「ルーコラ・セルバーティカ」。ルーコラの野生に近い品種です。苦みと辛みが特に強く、野趣あふれる風味を楽しめます。セルバーティカ種の中では晩抽ですが、一般的なルーコラより抽苔は早いです。人によっては、単体で使うと味が強すぎるかもしれませんが、サラダにほんの少し入れるだけで良いアクセントになります。 [詳細を見る]

ルッコラ(ロケット)

固定種
サカタ改良

ルッコラ(ロケット)

地中海沿岸で広く作られているアブラナ科の野菜です。葉に欠刻があり、噛むとピリッとした辛みとゴマの香りがひろがります。イタリア料理に多く使われていますが、おひたしや炒め物でもおいしいです。 [詳細を見る]

わさび菜

固定種

わさび菜

葉面がちりめん状に縮む丸茎のからし菜。生のままサラダやサンドイッチの具にすると、独特のさわやかな辛味があり、おすすめです。特に肉料理には相性が抜群です! [詳細を見る]

カリーノケール・ミスタ

ダイヤ交配

カリーノケール・ミスタ

青臭さ・苦み無く、一般的なケールよりもフリルが強く、生サラダで食べられるケールです。ドレッシングの絡みが良く、栄養価も高いです。「カリーノケール・ロッソ」と「カリーノケール・ヴェルデ」が個包装で、お買い得です。少量ずつ摘み取っての利用も可能です。通常のケールよりも葉辺の欠刻がかなり強く、フリル形状が特徴で、立体感がすごいです。サラダでボリュームがあり、オリーブオイル・ドレッシング等のからみも良く、おすすめです。加熱調理は、さっと火を入れる程度で、形を生かしてください。 [詳細を見る]