HOME»野菜の種カテゴリー一覧 春夏まき/秋まき»秋まきたね»-その他»

-その他

品種名 商品の概要
数量・価格(税別)
ケール サイベリアン

固定種

ケール サイベリアン

葉の縁がくるくるとカールしている緑葉のケールで、クセがなく、柔らかく甘みがあります。青汁やスムージーなどにも利用しますが、ベビーリーフとしてサラダに、炒めたりお浸しにしても美味しいです。 [詳細を見る]

食べる健康ケール

固定種

食べる健康ケール

大きくなりすぎず、葉が多いケールです。葉をかきとって利用します。茹でサラダのほか、おひたし・野菜炒めなど、クセなく、茎まで色々な料理に適します。プランターでも栽培できます。 [詳細を見る]

ソーレ

固定種

ソーレ

イタリア名「バルバビエートラ」。バルバビエートラとは、砂糖大根やテーブルビートとも呼ばれる根菜です。独特の香りがあり、甘さ、軟らかい食感と鮮烈な色を楽しみます。「ソーレ」は、外観、内部とも濃赤紫です。肉質軟らかく、甘みが強く、酢漬や茹でてサラダ料理が定番です。皮をつけたまま茹でて、加熱後、皮を剥くと良いです。 [詳細を見る]

サワディパクチー

コリアンダー

サワディパクチー

コリアンダー(パクチー)の新品種です。葉は比較的小さく、葉色はやや淡いですが、香りは強いです。サラダやスープの添え物などで食べるとおいしいです。エスニック料理に利用されています。周年栽培可能です。 [詳細を見る]

青汁用ケール

固定種

青汁用ケール

健康的な飲料として注目される青汁用のケールです。生育旺盛で、強健に生育し、容易に栽培できます。直まきなら、7~8月頃にタネまきし、秋から冬にかけて順次かきとります。 [詳細を見る]

けさおパセリー

固定種

けさおパセリー

耐暑性にすぐれ、株張り良く、生育旺盛で、夏期の栽培に最も適します。葉は、真夏でも色ボケなく、新緑の最高のカールで、収穫の終わるまで葉型が乱れない豊産種です。茎葉のボリュームがあり、揃いよく、見事な荷姿で、市場出荷に適します。 [詳細を見る]

コーンフラワー

固定種

コーンフラワー

ラッパ形の花が矢車のように多数まとまって一つの花のように見える耐寒性のあるキク科の一年草です。花色は、紫、緋紅、桃、白などの混合。肥料分の少ないやせ地や石の多い土などでも丈夫に育つ作りやすい花で、草丈は1mぐらいになります。カラフルな花びらはエディブルフラワーとして重宝します。切花やドライフラワーにも向きます。 [詳細を見る]

サマーサボリ

固定種

サマーサボリ

料理の香り付けにピッタリな、刺激的な香味!和名を「キダチハッカ」といい、細長い葉が枝にびっしりとつくシソ科の一年草です。茎は、直立して30~50cmになり、夏には、淡桃色~白色の小花をつけます。 [詳細を見る]

スイートマジョラム

固定種

スイートマジョラム

肉料理や卵料理に相性抜群のハーブです。和名「ハナハッカ」。葉に繊細で快い甘い香りと、ほろ苦さがあるシソ科の一年草です。茎は基部からよく分岐して、草丈30~50cmになり、初夏に、枝先とその葉腋に次々と白い小花を咲かせます。 [詳細を見る]

ガーデンクレス

固定種

ガーデンクレス

水分だけで即席栽培!サラダで辛みさわやかです。和名を「コショウソウ」といい、茎葉にピリッとしたさわやかな辛みを有するところから、ペパーグラスの名でも知られるアブラナ科の一年草です。一般には、香辛野菜として、カイワレダイコンと同じように若い芽をサラダに利用します。 [詳細を見る]

ヒソップ

固定種

ヒソップ

ブルーの唇形花を咲かせ、用途が多い万能ハーブです。草丈40~60cmほどの清楚な香りをもつ、シソ科の半常緑低木です。ヤナギのような細い葉を持つことから、「ヤナギハッカ」とも呼ばれ、刺激的な強い香りをもっています。肉や魚料理のほか、ハーブティーに利用します。花壇の彩りにとてもよく、刈り込んで育てれば、香気高い垣根ができます。 [詳細を見る]

シナモンバジル

固定種

シナモンバジル

高貴な香りの若葉と花穂!トマトによく合うハーブです。株全体にシナモンの高貴な香りがあるシソ科の一年草です。草丈は、30~60cmでよく分枝し、夏季、枝先に赤紫色の花穂がつき、白~淡桃色の小花を咲かせます。耐暑性は比較的強く、日当たりの良い所を好みます。 [詳細を見る]

早生祝蕾

固定種

早生祝蕾

アブラナ科野菜の一種で、高菜と同じ仲間です。アスパラガスのような食感と高菜のほろ苦さがくせになる旨さです。蕾の形状をしたわき芽を収穫します。通常の祝蕾と比較して、2週間程度早く収穫可能です。酷暑期の極端な早まきを避け、育苗栽培を基本とします。畝幅60cm×株間50cmを基準とし、元肥はキャベツの1-2割増し。 [詳細を見る]

バジリコ・リモーネ

固定種

バジリコ・リモーネ

バジルには、スウィートバジル、シナモンバジルなど多くの種類があります。本種は、レモンバジルの一種で、レモンのような爽やかな香りが特徴的です。葉が非常に柔らかく、節間が長くなる傾向にあります。葉を噛むとスウィートバジルの風味の後に、強い柑橘の香りが広がります。スイーツは勿論、唐揚げや麺類に添えると、爽やかな風味が楽しめます。 [詳細を見る]

ルナ

固定種

ルナ

イタリア名「バルバビエートラ」。バルバビエートラとは、砂糖大根やテーブルビートとも呼ばれる根菜です。独特の香りがあり、甘さ、軟らかい食感と鮮烈な色を楽しみます。『ルナ』は、表皮は濃いオレンジ色で、断面は鮮やかな黄色です。根の部分は薄くスライスして、サラダの彩りにするのがお勧めです。葉も、茹でてからレモンとオリーブ油で和えたり、バター炒めして食べられます。軟らかく青臭さ等は無く、淡白で美味しいです。 [詳細を見る]

レモンバーム

固定種

レモンバーム

南ヨーロッパ原産のシソ科の宿根多年草です。ハッカに似た葉に、レモンの香りがあり、軽く叩いて、サラダ料理に添えたり、ハーブティーにします。属名のメリッサが、ギリシャ語の蜂を意味しているように、蜜源植物の一つとしても知られます。 [詳細を見る]

信州大そば

固定種

信州大そば

信州大学農学部の氏原暉男氏が育成し、農林水産省に品種登録された栽培容易な多収穫品種です。種実が大きく(1,000粒重は、約50g)、増収性にすぐれています。吸肥力が強く大型の草状となり、茎も太くて倒伏しにくいです。脱粒性が難であるので、機械化利用ができます。霜に対して強いため収穫期に幅があり、労働力の配分上も有利です。播種期の目安は、冷涼地で7月中旬-8月上旬、中間・暖地で8月中下旬です(栽培地の条件に応じた時期に播種してください)。

セロリアック

固定種

セロリアック

セリ科の多年草です。セロリーの一種で、根がカブ状に肥大したものを食用とします。風味はセロリと同じで、バターで炒めたり、スープ・シチューなどの煮込み料理、生のままサラダにして食べます。一方、葉の方はセロリーに似ていますが、苦味が強く固いため、食用には向きません。収穫適期は、根部が握りこぶし大(8cm前後)になってから収穫します。 [詳細を見る]

カリーノケール・ミスタ

ダイヤ交配

カリーノケール・ミスタ

青臭さ・苦み無く、一般的なケールよりもフリルが強く、生サラダで食べられるケールです。ドレッシングの絡みが良く、栄養価も高いです。「カリーノケール・ロッソ」と「カリーノケール・ヴェルデ」が個包装で、お買い得です。少量ずつ摘み取っての利用も可能です。通常のケールよりも葉辺の欠刻がかなり強く、フリル形状が特徴で、立体感がすごいです。サラダでボリュームがあり、オリーブオイル・ドレッシング等のからみも良く、おすすめです。加熱調理は、さっと火を入れる程度で、形を生かしてください。 [詳細を見る]

セントジョーンズウォート

固定種

セントジョーンズウォート

オトギリソウ科の多年草です。パルサムの香りの葉は、安眠や緊張緩和によいとされ、ハーブティーやサラダ、リキュールに利用します。レモンの香りの花は、打身や捻挫などの外用薬や染色などに利用します。ハーブティーは、のどの痛みや扁桃腺の腫れによいとされ、最近はダイエットにも良いとして注目されています。 [詳細を見る]

ウォータークレス(クレソン)

固定種

ウォータークレス(クレソン)

ヨーロッパ原産の湿地に生えるアブラナ科の多年草で、オランダガラシとも呼ばれます。生育適温が、水温・気温とも15℃前後です。茎葉にピリッとした辛みがあり、サラダや肉料理の付け合わせによく、ビタミンAやCなどを豊富に含みます。

タイム

固定種

タイム

強健で作りやすい、南欧原産のシソ科の常緑低木です。草丈20cm-30cm。新しい枝が基部からよく分岐し、春から初夏にかけて、淡桃色の小花を茎いっぱいに咲かせます。和名は、タチジャコウソウといい、小さい葉に甘い香りがあります。香りが強い若葉や花穂は、肉料理やスープ、シチューの味を引き立てます。 [詳細を見る]

祝蕾(しゅくらい)

固定種

祝蕾(しゅくらい)

春を知らせる新顔野菜!今までにない食感です。アブラナ科野菜の一種で、高菜と同じ仲間です。食用部分は、蕾の形に似たわき芽を若獲りします。また、葉も高菜同様食します。食味は、シャキシャキとした食感とかすかな辛味が、独特の風味を醸し出します。サラダやビールのおつまみでの生食、漬物、天ぷら、炒め物、スープと和洋中問わず、あらゆる調理に幅広く利用できます。 [詳細を見る]

ディル

固定種

ディル

ピクルスの香り付けに使われることで有名なハーブです。70cm-1mに生育するセリ科の一年草。ミネラル、カリウム、硫黄、ナトリウムに富み、全草が利用できるので、ヨーロッパでは昔から好まれ、とりわけピクルスへの利用は有名です。 [詳細を見る]

ボリジ

固定種

ボリジ

ムラサキ科の一年草。ブルーの星形の花をうつむき加減に咲かせる可憐な花は、他の花にない美しさがあります。草丈50cm-1mほどにも育つ、丈夫で作りやすいハーブですが、高温・多湿を嫌い、日が当たり乾燥気味の比較的やせ地で育てます。葉っぱも花も、ハーブティーやサラダにオススメです。 [詳細を見る]

ペパーミント

固定種

ペパーミント

「ハッカ」の名称でなじみ深い、シソ科の宿根性多年草です。草丈は約60cmになります。茎葉に、さわやかな香気と、クールな味覚成分を有し、メンソールタイプのチューインガムやミントティーに代表されるような、世界中で人気のあるハーブです。デザートの装飾や肉料理など、用途が広いです。 [詳細を見る]

セイジ

固定種

セイジ

古代ギリシャやローマの頃から利用されている、耐寒性のあるシソ科の常緑低木です。茎は基部からよく分岐し、草丈は40-70cm。葉は長楕円形で、灰緑色。初夏には、紫色をした長い穂状の花をつけます。サルビアの仲間で、花壇の縁どりにも適し、新鮮な強い香りか好まれます。乾燥ハーブは、香り付けや肉等の臭み消しに便利です。生葉は、ドレッシングが美味です。 [詳細を見る]

ジャーマンカモミール

固定種

ジャーマンカモミール

キク科の一年草で、花の香りはリンゴそっくりの甘酸っぱい匂いがします。摘みとった花を使ったハーブティーが有名で、人気の高いハーブです。 [詳細を見る]

コーンサラダ

固定種

コーンサラダ

別名:マーシュ。オミナエシ科の一年草で、生育が早くて手軽に栽培できます。生食およびスープ用の超小型野菜です。葉は長卵形で、淡緑色。超極早生でそろいがよく、タネをまいて1カ月余りで、草丈が10-15cm程度になれば、随時収穫できます。上品な香りが人気で、サラダやスープがオススメです。 [詳細を見る]

カーボロネロ

固定種

カーボロネロ

「カーボロネロ」は、トスカーナ地方で栽培が盛んな結球しない葉キャベツの一種で、ケールの仲間です。トスカーナ料理には欠かすことのできない野菜です。耐寒性が強く、霜が降りても生育し収穫し続けられます。葉は細長でまっすぐ伸び、濃緑色、凸凹のちりめん状となります。青汁でもおなじみのケールより、甘味・旨味も感じられる深みのある味わいで、ほぼ同等の高い抗酸化力と栄養成分があります。ビタミン、ミネラル成分を豊富に含んでおり、普通のキャベツより栄養価も高く、市場では高級野菜として売られています。 [詳細を見る]