HOME»野菜の種カテゴリー一覧 春夏まき/秋まき»春・夏まきたね»葉菜類»10 春菊・西洋野菜»

10 春菊・西洋野菜

品種名 商品の概要
数量・価格(税別)
中葉春菊

固定種

中葉春菊

春菊(しゅんぎく)。葉が細かく切れ込み、肉厚でやわらかく、香りも強いです。作りやすく、多収です。 [詳細を見る]

きくまろ

固定種

きくまろ

生でもおいしい、サラダシュンギクです。株張り系の中大葉シュンギク。シュンギク特有の香りがきつくなく、まろやかな味わいが特長です。栽培が容易で日持ちもよいので、家庭菜園に最適です。鍋ならさっと火を通すくらい、サラダにするのもオススメと、従来のシュンギクより用途が広がります。 [詳細を見る]

サラダ春菊

固定種

サラダ春菊

南方系大葉シュンギクの「Tiger Ear」は、シュンギク特有の香気が乏しいものの、えぐみや苦味が少なく葉が柔らかいため、生での食味が優れ、サラダに最適です。葉色が薄く、葉が大きいのが特徴で、焼き肉を巻いて食べたり、鍋料理の場合は、しゃぶしゃぶのように湯にくぐらせる程度でおいしいです。 [詳細を見る]

菊之助

タキイ交配

菊之助

肉厚でサラダに最適の丸葉系大葉春菊です。香りがまろやかでシュンギク特有の苦みが少なく、葉は肉厚でやわらかくジューシーです。和え物はもちろん、アクが少ないのでサラダに最適です。 [詳細を見る]

スティックシュンギク

固定種

スティックシュンギク

茎が長く、食味の良い新しいタイプのシュンギク。葉が上部に集中し、「椰子の木」の草姿となる。葉は小型でキザミは細かい。葉色は濃くないが明るい緑色。茎は淡緑色で真直ぐに伸び、荷姿が美しい。高温期、抽苔期は注意をようするが生育スピードが速く、栽培容易である。 [詳細を見る]

グランドパセリー

固定種

グランドパセリー

本種は長野県茅野市の丸茂武市氏が輸入パセリーの中から最も美しい縮緬、濃緑厚葉で耐病、耐寒、耐暑性の強い系統を長年にわたり選抜、改良育成した独特の品種です。日持ちよく太茎で、伸長すばらしくよく豊産で束数ができ、一般のパセリーより3割位増収となります。 [詳細を見る]

けさおパセリー

固定種

けさおパセリー

耐暑性にすぐれ、株張り良く、生育旺盛で、夏期の栽培に最も適します。葉は、真夏でも色ボケなく、新緑の最高のカールで、収穫の終わるまで葉型が乱れない豊産種です。茎葉のボリュームがあり、揃いよく、見事な荷姿で、市場出荷に適します。 [詳細を見る]

トップセラー

タキイ交配

トップセラー

作りやすい淡緑のセルリーです。生育旺盛で、病気に強く作りやすいです。株張りはやや立性で、芯葉もよく伸びて、大株でたくさん収穫できます。葉柄は幅広く、肉厚ですじが少ないです。大株・小株どりが可能です。 [詳細を見る]

ストレイトンNT

固定種
日東育成

ストレイトンNT

淡緑色の高品質セルリーです。黄色系×緑色系を交配し、長年にわたり選抜改良を重ね育成した品種です。熟期は中早生で、1株1.6~1.8kg位になり、草勢旺盛で立性、芯葉の伸びもよく第一節間は長く、外観は実にスマートです。太茎、厚肉でスジが少なく、多汁で食味が良いです。コーネル619よりス入り、抽苔ともにやや遅く、耐暑・耐寒性にすぐれ作りやすいです。栽培は全作型に適し、ナンプ病・斑点病などに強く高品質で、揃い良く多収で、市場性は上々です。 [詳細を見る]

セルリー(コーネル619号)

固定種

セルリー(コーネル619号)

生育がよく、葉に光沢があり、軟白した時の色も鮮やかです。茎が太く厚いうえ、筋が少なく歯切れがよいです。 [詳細を見る]

三ツ葉

固定種

三ツ葉

みつば。葉は鮮緑色、葉、茎ともに軟質で香りの強い優良種です。耐病性が強く、作り易く、プランターでも栽培できます。播種後2か月ぐらいで収穫できます。 [詳細を見る]

セロリアック

固定種

セロリアック

セリ科の多年草です。セロリーの一種で、根がカブ状に肥大したものを食用とします。風味はセロリと同じで、バターで炒めたり、スープ・シチューなどの煮込み料理、生のままサラダにして食べます。一方、葉の方はセロリーに似ていますが、苦味が強く固いため、食用には向きません。収穫適期は、根部が握りこぶし大(8cm前後)になってから収穫します。 [詳細を見る]

アーティーチョーク

固定種

アーティーチョーク

キク科の多年草で、草丈は1-2mになります。開花は6-9月で、花色は淡紫色、発芽適温は20℃-30℃です。花(大きくなった開花前のつぼみ)は茹でて、花の付け根のガクの肉厚部分を利用します。葉は煎じると強壮、便秘、消化促進に良いとされています。切り花にも利用できます。 [詳細を見る]

アイスプラント

固定種
導入種

アイスプラント

マスコミなどでも話題の機能性野菜です。南アフリカ原産の多肉植物で、みずみずしく、プチプチとした食感です。土壌からミネラル分を吸収する吸塩植物で、ほんのり塩味がします。 [詳細を見る]

エンダイブ

固定種

エンダイブ

歯切れがよく、ほろ苦い味が特長の野菜で、レタスに近い形をしています。葉は濃緑色で、深い切れ込みがあります。完熟した株は苦味が強いので、結束して内部を軟白させるか、新鮮な若い株を収穫します。サラダに加えたり、浸し物や天ぷらなどに利用します。 [詳細を見る]

トレビノ

固定種

トレビノ

イタリア原産の「チコリ」の一種。赤紫色に結球します。生野菜として添えものやサラダとして、重宝します。さわやかな苦みと甘みがあり、色どりも綺麗です。球の肥大や着色の揃いがよく、定植後50~60日でソフトボール大に結球し、約300g~400gになります。 [詳細を見る]

ヴェネチア

固定種

ヴェネチア

イタリア名「ラディッキョ・ロッソ・キオッジャ」。直径12cm位の球形で、赤と白のコントラストが美しく、気温に関係なく発色が良いのが特長です。直まきの適期栽培で極早生の70日タイプです。晩抽性で耐暑性があり、高冷地では夏作も可能です。低温には弱いので、結球させるなら、秋の遅まきは避けるのが望ましいです。 [詳細を見る]

プレコーチェ

固定種

プレコーチェ

北イタリア・ヴェネト州、トレヴィーゾで栽培されるラディッキオの一種です。日本での栽培に適した早生種です。主に、秋播きで栽培します。定植後70~80日で、収穫可能です。キオッジャ種に比べ、結球が遅い傾向があるので、初期生育を促し、外葉を大きく作る必要があります。育苗・定植時には、低温と乾燥を避けることが栽培のポイントです。コンパクトな草姿でしっかり巻き、秀品収穫が期待できます。 [詳細を見る]

チコリー F1 ポルシェOG

固定種

チコリー F1 ポルシェOG

フランスで人気の超高級野菜です。さっくりした歯ざわりと上品なほろ苦さ、さわやかな香りが特徴です。キャビアやサラダを載せて、オードブルに。また、サラダやグラタン・バター炒め・スープなどに利用します。鉄分・カルシュームが豊富で、苦味のある葉は肝臓に良いとされています。 [詳細を見る]

ズッケロ

固定種

ズッケロ

イタリア名「パン・ディ・ズッケロ」主に、北イタリアで食べられているサラダ用野菜です。ラディッキオの一種で、定植後75日前後で収穫します。縦長に結球し、草丈40cm、重さ700gに達します。葉は大きく30cm以上になり、平滑で滑らかなシート状になります。春作・秋作で栽培可能で、適応作型は広いです。ほろ苦いので、サラダに使う時は、ミックスサラダの一部にしたり、せん切りにして木の実やカリカリに焼いたベーコンなどと和えて使います。また、歯応えがしっかりしているので、炒めてパイ包みにしたり、そのままグリルにしてオリーブ油をかけるなど、応用範囲の広い野菜です。 [詳細を見る]

アスパラガスチコリー

固定種

アスパラガスチコリー

ヨーロッパでは、「プンタレラ」とも呼ばれる多年生チコリーの一種です。ビタミン・ミネラルが豊富で、イタリアでは大人気の健康野菜です。若葉や軟白した根元を利用します。若葉には少し苦味があり、軟白した根元は、軽く湯通しすると、アスパラガスに似た独特の風味があります。ともに肝臓によいとされています。 [詳細を見る]

タルディーボ

固定種

タルディーボ

手をかけて栽培されるタルディーボは、イタリアでも超高級野菜として人気があります。赤白のコントラストが美しく、独特の歯ざわりや甘味も感じられる苦味は、サラダやグリルなど様々な料理に利用できます。 [詳細を見る]

カステルフランコ

固定種
導入種

カステルフランコ

チコリーの仲間で、見た目はバラの花のように美しく、サラダなどの彩りに、イタリアでは大人気の高級野菜です。半結球部の葉色が淡いクリーム色で、所々に鮮紫色の模様が入っています。葉質はレタスより緻密で、まろやかな独特の風味があり、サラダの風味をより深めます。 [詳細を見る]