HOME»野菜の種カテゴリー一覧 春夏まき/秋まき»春・夏まきたね»豆類»

豆類

品種名 商品の概要
数量・価格(税込)
千葉半立(ちばはんだち)落花生

固定種

千葉半立(ちばはんだち)落花生

開花期から95日前後で収穫適期となる晩生種です。草姿は半立性で、草勢はやや強く、葉色は濃緑。分枝性は多く、莢の大きさは中くらいです。炒り落花生に適し、落花生の「王様」と呼ばれ、コクと甘みがあり、おいしいです。 [詳細を見る]

丹波の香(たんばのかおり)

固定種
高農品種

丹波の香(たんばのかおり)

枝豆用の早生系黒大豆です。草丈はやや高性、葉色は濃いです。分枝はやや多く、花は紫色で、着莢状況はやや疎です。莢は淡褐色の毛茸をもち、2粒莢が多いです。コクと甘味があり、食味はたいへんよいです。収穫適期は莢内の子実が色付き始める前後か、やや早めに収穫します。 [詳細を見る]

快豆黒頭巾

固定種
タキイ育成
登録品種
登録品種名
「快豆黒頭巾」

快豆黒頭巾

黒マメ特有の風味が際立ち、食味がすぐれます。タネまき後80日程度で収穫ができる中早生タイプです。一般の早生エダマメに似た栽培特性で、草丈も低いので作りやすく家庭菜園に向きます。 [詳細を見る]

初だるま

固定種
カネコ育成
登録品種
登録品種名「KAE-011」

初だるま

低温着莢性に優れたハウス・トンネル作型に最適な極早生品種です。作型汎用性が広く、温暖期作型ほど在圃性が良好となります。直播栽培でも徒長しにくく、早生性が安定します。甘みの強いレギュラータイプの良食味品種です。莢は白毛・濃緑で3粒莢率が高く、肥大も良好で品質に優れます。草姿立性で耐倒伏性に優れ、莢離れが良く、肥大が良く揃い、機械収穫にも好適です。 [詳細を見る]

パンダ菜豆

固定種

パンダ菜豆

パンダの様な白黒のはっきりしたコントラストが特徴です。育てやすい豊産種で、ほくほくしてあっさりした味がします。煮豆やサラダスープに。 [詳細を見る]

黒五葉(岩手黒光枝豆)

在来種
岩手県

黒五葉(岩手黒光枝豆)

風味、芳香とも豊かな茶毛の中晩生種です。濃厚な味わいがします。枝豆、正月用煮豆として最適な品種で、黒豆の王様といわれる丹波黒の栽培が困難な東北地方では、丹波黒に匹敵する品種として扱われており、葉が5枚ある事から黒五葉と呼ばれております。 [詳細を見る]

あずみ野30日絹莢PMR

固定種

あずみ野30日絹莢PMR

うどんこ病に強く、生長の早い、育てやすい白花の極早生エンドウです。つる持ちがよく、やわらかく甘みの強い絹莢をたくさん収穫することができます。 [詳細を見る]

つるなしグリーンピース グリッピー

固定種

つるなしグリーンピース グリッピー

比較的低い位置から莢がつき、草丈が1m前後で収穫しやすい、つるなし品種です。実は濃緑色、風味・食味がすぐれています。連作を嫌うので、数年は同じ場所で栽培しないようにします。 [詳細を見る]

クオーレ

固定種

クオーレ

莢さの長さが約13cm、莢幅は約6~7mmとなる丸莢つるなしインゲンです。草姿は立性でコンパクト。従来よりも密植が可能です。莢の肥大が遅く、収穫期の幅が広いので、一斉収穫に向きます。葉は濃緑で艶があり、子実の膨らみが遅いため、見栄えがよいです。分枝数が多く、莢着きが良いので、収量性が高いです。やや細身でスジが出にくく、食感が良いです。 [詳細を見る]

Qなっつ

固定種
千葉県育成
登録品種
登録品種名「千葉P114号」
海外持出禁止

Qなっつ

甘味が強く、莢が白い、多収の煎り莢用の品種です。開花後80日前後が収穫適期となります。草姿は立性、分枝は少ないが長いです。幼芽褐変症の発生が少なく、出芽率が高いです。 [詳細を見る]

あやみどり

固定種
長野県

あやみどり

長野県野菜花き試験場で育成された青大豆品種です。「信濃青豆」より晩熟で、倒伏や病害の発生が少ないため栽培しやすく、食味が良好で外観品質に優れます。 [詳細を見る]

ゼブラ

固定種

ゼブラ

霜しらず系のつるありいんげんで、草勢はおとなしく、つる上がりはゆるやかですが、一斉に莢が付きます。莢は鮮緑色の平莢種で、紫色の縞模様が入ります。筋が少なくやわらかで、ゆであがりは美しい緑色になります。子実は皮がやわらかく、煮豆として大変おいしく食べられます。 [詳細を見る]

ビッグエンドウ

固定種

ビッグエンドウ

手のひらサイズの大きな絹さやエンドウです。歯切れのよい、甘みたっぷりのさやが、たくさん収穫できます。若いツル先は、香りのよい豆苗としておいしく食べられます。 [詳細を見る]

フルーツ実豌豆 あま実ちゃん

固定種
松永育成

フルーツ実豌豆 あま実ちゃん

早くから収穫のできる、極早生つる有のグリーンピースで、草丈180cm程になります。実はボリュームがあり、甘味があって、とてもおいしいです。豆ごはんや卵とじ、サラダにもおすすめです。 [詳細を見る]

スジナッピー

固定種

スジナッピー

実を太らせて、莢ごと食べる甘みの強いスナックエンドウです。調理の際、面倒だったスジ取りの必要がないくらいスジの発生が弱いうえ、節間が短く、栽培しやすいつるなし品種です。 [詳細を見る]

黄いんげん マジカルイエロー

固定種

黄いんげん マジカルイエロー

莢は、美しい黄色の丸莢で筋なし、長さ約14~15cmになります。播種後約55~60日で収穫できます。サラダの彩りや付け合わせにおすすめです。 [詳細を見る]

つるなし穂高 カルナ菜豆

固定種

つるなし穂高 カルナ菜豆

広幅の平莢では珍しい茶種のつるなしインゲンです。播種後50日程度で収穫できる極早生種です。甘み、風味がよく、やわらかさの中に歯切れのよい食感です。草丈は50cmほどになり、多収種です。 [詳細を見る]

晩酌茶豆

固定種

晩酌茶豆

食味と香りの良い茶豆で、一般のエダマメより甘味が強いです。熟期は90~95日の中生種で、早蒔きには適しません。草丈は65~70cm前後と高くなり、草勢はやや強いです。莢色は緑で、中莢、収穫遅れのないように気をつけます。ゆで汁が淡紫色となり、莢の色と豆の色が黒ずみますが、食べるのには全く問題なく、美味です。 [詳細を見る]

ファジョリーニ・ミスティ

固定種

ファジョリーニ・ミスティ

若莢を食べるサヤインゲンとして育成した、蔓なしのサヤインゲンです。莢の色が、黄色と紫色の2品種を、個包装されています。
【黄色】播種後53日程で収穫。花は薄紫色、莢は淡い黄色。莢の長さは15cm程で、やや平たい丸莢。
【紫】播種後40~45日程で収穫。花は紫色、莢は鮮やかな紫色。莢の長さは14cm程で、やや平たい丸莢。 [詳細を見る]

スジナインハイパー

固定種
登録品種
登録品種名「TRI-4024」

スジナインハイパー

「スジナイン」に、草丈の伸びる新タイプが登場です。早生タイプで、草勢強く・草丈の伸びがよい高性タイプで、分枝は中段以降からの発生が多いです。花は赤花で、ダブル花房中心です。莢長7.5cm前後、莢幅1.4cm前後で、曲がり莢・マメ飛びなどは少ないです。関節部分がはずれやすいため、楽に収穫作業ができます。食味は甘みがあり、美味しいです。 [詳細を見る]

とびきり

固定種
登録品種
登録品種名「SAKSOY007」
海外持出禁止

とびきり

“とびきり”穫れる!多収エダマメの登場です。白毛で、3粒莢率が高い中早生品種です。立性、小葉で、栽培管理がしやすいです。高温下でも着莢が安定し、非常に多収です。適応性が広く、露地トンネルから露地栽培まで可能です。 [詳細を見る]

雁喰(がんくい)物語(黒平豆)

在来種
岩手県

雁喰(がんくい)物語(黒平豆)

岩手県盛岡市(旧:玉山村)原産。中晩生の平型の黒豆です。主に、正月用煮豆として利用されます。豆の表面にシワが寄っていて、形状が鳥(雁)が羽ばたいて飛んでいる様子に見える事から、誰となく雁喰い豆と呼ばれるようになりました。伝説では、働き者のお婆さん宅に鳥が咥えて持ってきたので、雁のくわえた痕と言う逸話があり、お正月には欠かせない食材です。 [詳細を見る]

エバーグロー

固定種

エバーグロー

食味抜群のつるあり丸莢インゲンです。莢の長さは、15~18cm。莢色は濃緑色で、スジなしの丸莢種です。低温伸長性に優れ、初期収量の多い早生品種です。高温期でも株が衰えず、シーズンを通じで安定収穫できます。 [詳細を見る]

味自慢

固定種

味自慢

「秘伝」に黒五葉系を交配し、食味を重視して育成した品種です。生育日数95日型で、花色は紫色です。2粒莢で、莢長約6.4cm・巾約1.5cm、3粒莢で、莢長約7.3cm・巾約1.5cmと大莢です。莢の毛茸は淡褐色で、白毛ではないものの、味は濃厚で甘みのある枝豆です。食感は、秘伝の形質を継承し、もちもち感と甘味のバランスがとれ、食べ応えのする枝豆です。 [詳細を見る]

マンズナル

固定種
サトウ育成

マンズナル

つるありインゲンの中では、最も極早生で、播種後50日位で収穫出来ます。莢は、長さ20cm巾、2.5cm位の超巾広で、筋がなく、大莢になってもやわらかく、品質・風味とも極上の大平莢種です。莢は、低節位から着き、長さ15cm、巾1.5m位の若莢から収穫を始め、長期間に渡って収穫できる豊産種です。種実も、皮が非常にやわらかく、煮豆・炊き込みご飯などにすると、非常においしくいただけます。 [詳細を見る]

こうじいらず大豆

在来種

こうじいらず大豆

長野県の東信地区の一部でしか栽培されていない幻の大豆です。「こうじを使わなくても、甘くて美味しい味噌ができる」ことからこう呼ばれています。豆は淡い黄緑色で、その旨さは格別です。 [詳細を見る]

めぐろ王

在来種

めぐろ王

大粒で、大変食味のよい目黒大豆です。中部地方には、昔からこの地方特有の大豆があり、「地の大豆」として好まれていました。煮豆、正月料理、味噌など、日本料理に最高です。 [詳細を見る]

紫いんげん2

固定種

紫いんげん2

莢は美しい紫色の丸莢・スジなしで、長さ約13~15cmになり、播種後約50日で収穫できます。サラダの彩りや付け合わせにお薦めです。茹でると濃い緑色になります。 [詳細を見る]

早生奥原

固定種

早生奥原

生育は極めて早く、種まき後70日位より収穫できます。草丈50~60cm位、生育旺盛で作りやすく、家庭菜園に好適です。豆は中粒で、甘味・風味も申し分なく、3粒莢の多い豊産種です。 [詳細を見る]

むらさき菜豆(やらず豆)

在来種
福岡県

むらさき菜豆(やらず豆)

福岡県内の一地方で昔から栽培されている、つる有り・すじなしの平莢菜豆です。種子形状は、穂高菜豆に似ています。莢は16~18cmで、淡緑色となり、莢に紫色が多少着生します。草勢は極めて旺盛な早生種で、取り遅れて種子が発達しても、いつまでも柔らかく美味です。別名「やらず豆」と言い、「他人には分けたくない」と言う程の言伝えがあります。実取兼用種。 [詳細を見る]