HOME»野菜の種カテゴリー一覧 春夏まき/秋まき»春・夏まきたね»葉菜類»

葉菜類

品種名 商品の概要
数量・価格(税別)
ニコニコ花子

固定種
カネコ育成

ニコニコ花子

休眠期間が短く、耐寒性・耐暑性に優れ、ハウスから雨除け(露地)栽培に適します。葉幅が1cm以上の広幅で、厚肉で色濃く、立性で葉鞘(はかま)部の締まりがよく、市場性、作業性に優れます。再生力、分けつ力が旺盛で、ハウスの長期どりでも品質の低下が少なく、安定した収量が得られます。 [詳細を見る]

リゾットビアンコ

ダイヤ交配

リゾットビアンコ

一般地・暖地の5~6月、11~12月に適する中生種。定植後、夏場70日、秋80~90日で収穫適期を迎えます。花蕾は豊円で締り良く、揃い良好です。アントシアニンは、発生しにくいです。耐暑性は良好で、葉色は濃緑。ミニカリフラワーで収穫もできます。生育が旺盛で、株をしっかり作れば、花蕾は25cmほどまで大きくすることも可能です。 [詳細を見る]

ラファエロ

ダイヤ交配

ラファエロ

「ダ・ヴィンチ」より、晩生で耐寒性に優れ、特に暖地の年明け~4月収穫作型に能力を発揮します。定植後、120~160日(秋冬作)が収穫目安です。草勢は極旺盛で、花蕾を包むように内葉が立ち上がり、霜害にも強いです。花蕾は鮮緑色で、よく盛り上がり品質が良いです。 [詳細を見る]

ブロフローレ

ダイヤ交配

ブロフローレ

「カリフローレ」のように花茎が伸びるブロッコリーです。側花蕾は、ほぼ発生しません。従来のスティックタイプのブロッコリーと異なり、一発収穫ができるため、収穫後はすぐに畑を片付けることができ、作業効率が非常に良いです。段まき、定植をずらすことで、連続出荷が可能になります。定植後、およそ65日で収穫できます。収量は、一株あたり350~400g。耐暑性があるので、夏まきおよび春まきができます。 [詳細を見る]

イタリアンタンポポ ボールドレッド

固定種

イタリアンタンポポ ボールドレッド

ピリッとした苦味がおいしい、イタリアの高級サラダ野菜です。 レタスやキャベツの1割ぐらいの分量でミックスし、サラダに。また、葉形を生かして、飾り付けや彩りに。ドレッシングをかけて食べると、ピリッとした苦みがありおいしいです。 [詳細を見る]

丸チコリー F1 エレガント

F1

丸チコリー F1 エレガント

結球するカステルフランコタイプのチコリーです。内部の葉色が、淡いクリーム色で、所々に鮮紫色の模様が入っています。秋が深まり寒くなるにつれ、中央が結球し、内部の葉色のコントラストが美しくなっていきます。見た目がバラの花のように美しく、サラダなどの彩りにおすすめです。 [詳細を見る]

ダークロロロッサ

固定種

ダークロロロッサ

イタリアンサラダの代表的野菜です。ロロロッサより濃い赤葉は、サラダや飾り付けに。また、ベビーリーフとして利用するのも、より一層色が際立ちおすすめです。 [詳細を見る]

スーパーグリーンベルト

固定種

スーパーグリーンベルト

葉幅広く、揃いも良好で、収穫を重ねても葉幅減少率が低く、A品率が高いです。葉色は濃緑色となり、荷姿が良いです。また、食味も良く、香りが強く、市場性は高いです。休眠は浅く、周年栽培に適します。草姿は立性で、ハウス栽培下の病気(白斑葉枯病等)の発生が少ないです。グリーンベルトより分けつ数はやや少なく、無効分けつが少ないです。 [詳細を見る]

アスパラッチェ

小林交配

アスパラッチェ

抽苔した茎葉と花蕾を食べる美味しい新野菜です。花茎は太く柔らかく、クセがなく食味に優れます。胡麻和え、炒め物、お浸しなど、様々な料理に利用できます。露地栽培では3月~10月播き、ハウスでは周年栽培が可能です。適期播種後約35日で収穫できます。葉物が少ない盛夏期出荷に適します。 [詳細を見る]

ワンカット

小林交配

ワンカット

定植後50~55日で収穫できる極早生ブロッコリーです。(春まき・夏まき兼用)ワンカットで小分けできる、スピーディー調理に適した品種です。花蕾球は横狭楕円形、直径19~20cm程度で濃緑色です。分枝が長く、スティックタイプのブロッコリーが結集したイメージです。茹でると緑色がより鮮明となり、味は甘く、大変美味です。頂花蕾を収穫した後に、側枝花蕾も収穫できます。 [詳細を見る]

エルバステラ

固定種

エルバステラ

エルバステラは、イタリアではサラダ野菜として利用されています。ほのかな甘みと苦味が特徴で、食感はサクサクしており、ナッツのような芳香を感じます。どんな料理にもよく合い、浅漬けや鍋、さっと炒めてパスタの具に利用します。寒さには非常につよく強健ですが、暑さは若干苦手です。多湿に強く、水耕栽培が可能です。プランターでの栽培に適しており、ベビーリーフとしての栽培も可能です。美しい姿を利用して、スイーツや肉料理の飾りにもお勧めです。 [詳細を見る]

ポトフ・ルフレ

一代交配

ポトフ・ルフレ

根量が多く、病気に強く栽培しやすいF1リーキです。葉色が濃く、葉折れが少ないです。葉鞘部の太りはややゆっくりで、伸長性が高いです。草姿が立性で、土寄せ時に首部に土が入りにくいです。 [詳細を見る]

エンダイブ フリース2

固定種

エンダイブ フリース2

ビタミン類やカルシウムに富んだ小型のエンダイブです。葉は欠刻が非常に深く、細長い形をしています。苦味が多く、苦ちしゃとも呼ばれます。軟白すれば淡黄色となり苦味も減り、サラダ野菜に最適となります。一般に暖地では、晩夏まき秋採りのほかに、早春まき初夏採りもできますが、初夏採りは高温多湿のため、軟白はむずかしいです。 [詳細を見る]

ブラッシュアップ

一代交配

ブラッシュアップ

大葉で葉柄が太く株張りが良いため、収量性が抜群です。葉色は濃緑で光沢が強く、葉型は中間葉で浅い切れ込みが1~2段入ります。葉裏まで葉色が濃く、荷姿がキレイです。草姿は立性で、作業性に優れます。秋まき、春どり栽培で、最も特性を発揮します。9月まき~4月まきで播種幅が広く、使いやすいです。べと病R1-12+14-16抵抗性を持ちます。 [詳細を見る]

下仁田葱

在来種
群馬県

下仁田葱

冬どり用葱で、12月どりに適します。葱の中で最も食味のよい品種で、特に煮食すると甘味が増します。白根は短く太い(中ダルマ系)ので、土寄せ、収穫労力が軽減できます。秋まき、春まきが可能ですが、太いものをつくるために、株間を7cm位に広くとります。 [詳細を見る]

エンダイブ グリーン・カールド

固定種

エンダイブ グリーン・カールド

ビタミン類やカルシウムに富んだ丈夫なチシャで、ニガチシャとも呼ばれます。葉は欠刻が特に多い細長い形をしており、葉数が多く開帳して育ちます。軟白すれば淡黄色となり苦味も減り、サラダ野菜に最適となります。一般に暖地では、晩夏まき秋採りのほかに、早春まき初夏採りもできますが、初夏採りは高温多湿のため軟白はむずかしいです。 [詳細を見る]

ブライダル

サカタ交配

ブライダル

中早生カリフラワーです。強健で肥大がよく、花蕾はち密でしまり、厚みのある円形、重さ900g前後、花蕾のくずれがきわめて遅く、畑で長くもちます。 [詳細を見る]

寒味・極(きわみ)

ダイヤ交配

寒味・極(きわみ)

寒味(かんあじ)の改良型のF1縮みホウレンソウです。生育速度は、寒味同様にじっくり型ですが、極濃緑葉となり、光沢があります。葉巻き、葉の縮みがきれいに入り、株揃い良好で高品質となります。葉肉厚く、風味、甘みがあり、特に降雪後の食味は最高です。べと病レース1~13、15抵抗性を持ちます。 [詳細を見る]

紅ごろも

固定種
小林育成

紅ごろも

葉と葉軸全体が赤紫色に染まる美しい水菜。料理のアクセントに最適です。ポリフェノールの一種、アントシアニンを豊富に含みます。赤カラシナとは違い辛味は無く、子供からお年寄りまで食べやすい食味です。サラダや漬物として、特におすすめです。加熱すると色が抜けやすいです。ベビーリーフから青果規格まで、広く出荷できます。中間地では、9月~11月播種の作型が最も適します。周年栽培できますが、高温期は色付きが悪くなるため注意が必要です。 [詳細を見る]

冬ごのみ

タキイ交配

冬ごのみ

驚きのおいしさをもつ秋冬どり剣葉種です。ホウレンソウ特有のアクが少なく、甘い!と感じるおいしさです。日本在来の東洋種に似た草姿ですが、丸ダネでまきやすいです。べと病レース1~10、15に抵抗性をもち、病気に強いです。 [詳細を見る]

えごま(黒種)

固定種

えごま(黒種)

草丈80cmぐらい、分枝性に富み、草姿は半球状に茂ります。葉は対生、短卵円系、葉縁は鋸歯状、葉面は緑色、まれに裏面だけ淡紫色を帯びます。シソよりやや大きく、油を含み、特有の香りがあります。葉は、シソと同様、ビタミンB1・B2、カルシウム、たんぱく、糖質等を多く含む緑黄色野菜。天ぷら、刺し身、焼き肉等と一緒に食べると効果があります。種子には、α-リノレン酸を多く含み、これは、最近アトピーに効果があることが判り、煎ってゴマのようにして食べます。白えごまより、油分が多いです。 [詳細を見る]

メガトン

一代交配

メガトン

夏~年内出荷に向く早生品種です。葉鞘部は、太さ・長さともに非常にボリュームがあり、特に冷涼地・中間地での栽培に向きます。加熱すると、独特の甘味や旨味、コクが出ます。ポトフ等の煮込み、スープやソテーなど、主に西洋料理に利用されます。 [詳細を見る]

F1 アローヘッドキャベツ

F1

F1 アローヘッドキャベツ

やや小型で、先端が矢じりのように尖ったキャベツです。形がそろい易い品種です。キャベツの先端がきっちり閉じているので、虫が入りにくいです。中の葉は柔らかく、とても美味しく、生でコールスローなどサラダにお薦めです。 [詳細を見る]

レッドベルベット

固定種
ナント育成

レッドベルベット

栄養価の高い、赤いベビーリーフ用アマランサスです。耐暑性・耐湿性が極めて強く、生育適温は23~35℃です。露地でも簡単に栽培できます。草丈12~15cmくらいから、ベビーリーフとして収穫できます。真っ赤な色素は「ベタシアニン」。日照を受けるほど発色します。「ベタシアニン」は、強い抗酸化作用を持ち、ミネラルも豊富に含みます。サラダや生食で、美味しいです。また、ホウレン草のように、炒め物など色んな料理に使えます。 [詳細を見る]

若殿

武蔵野交配

若殿

耐暑性と耐寒性があり、周年栽培できる小ネギ専用F1品種です。葉は濃緑色で、葉肉は厚く、「葉先枯れ」や「葉折れ」の発生も少なく、品質が高いです。葉鞘基部の膨らみは無く、首部の締まりがよく、収穫調製作業が容易です。高温期、低温期の伸長力が旺盛で、多収型の品種です。 [詳細を見る]

ルシア

固定種

ルシア

クリーム色に赤い斑が入る美しい葉は、様々な料理に彩りを添えます。結球するルシアは、半結球のカステルフランコに比べ栽培が容易で、特別な処理をしなくても淡く絶妙な色合いに仕上がります。輸送性や日持ち性にも優れます。定植後80日で収穫出来る早生種で、肉質もクリスピーで柔らかく、苦味が少ないです。 [詳細を見る]

サラダほうれんそう

ダイヤ交配

サラダほうれんそう

生食用に最適。ホウレンソウサラダの定番品種です。草姿は極立性、葉型は切れ込みが浅く、きれいに入る剣葉種で、品質がよく、生食に適します。葉は鮮緑色で光沢があり、アクやエグさが少なく、サラダにして味が良好です。また、抽苔初期の茎も軟らかく、美味しく食べられます。べと病抵抗性をもち、立性のため作業性も優れます。抽苔性は中位で、晩春、夏まきでは抽苔しますが、秋から春まきでは、一般の青果栽培も可能です。 [詳細を見る]

コーラルリーフ フェザー

固定種
タキイ育成

コーラルリーフ フェザー

鮮やかな赤紫に色づく、極切葉のカラシナです。欠刻の入った極細葉の切葉で、機能性成分アントシアニンを多く含みます。うまみと辛みのバランスがよく、生で食べると、シャキシャキと歯触りもあって、アクセントの効いた食味と食感が楽しめます。ベビーリーフから大株まで、栽培しやすく、使い方はいろいろです。 [詳細を見る]

コーラルリーフ プルーム

固定種
タキイ育成

コーラルリーフ プルーム

鮮やかな赤紫に色づく、幅広切葉のカラシナです。欠刻の入ったやや広めの切葉で、機能性成分アントシアニンを多く含みます。うまみと辛みのバランスがよく、生で食べると、シャキシャキと歯触りもあって、アクセントの効いた食味と食感が楽しめます。ベビーリーフから大株まで、栽培しやすく、使い方はいろいろです。 [詳細を見る]

台湾小白菜

ダイヤ交配

台湾小白菜

耐暑性に優れ、酷暑期に短期間で収穫可能なF1品種です。葉は、淡緑色で光沢があり、平滑で団扇状に大きくなり、軸の白さが美しいです。株張りが良く、立性で収穫も容易です。炒め物でおいしく食べられ、台湾料理の「炒青菜」で、定番の品種です。 [詳細を見る]