HOME»野菜の種カテゴリー一覧 春夏まき/秋まき»春・夏まきたね»果菜類»

果菜類

品種名 商品の概要
数量・価格(税別)
サンマルツァーノ リゼルバ

F1

サンマルツァーノ リゼルバ

イタリアの伝統的調理用トマト、サンマルツァーノタイプの食味と収量を、劇的に改良した“Reserva、特別な”逸品です。中生、中葉でやや伸び、彩光性が良いです。花数は10~15花/1房、濃赤縦長果・薄皮、40~50g/果で揃い良く、果形の曲線が美しいです。ソースは、赤が色濃く映え、滑らかな食感です。ヘタは取れやすいので、ヘタなしでの販売に適します。※萎ちょう病(F1)、半身萎ちょう病(V)、ToMV(Tm2型)に抵抗性。 [詳細を見る]

パリーノ・ネロ

ダイヤ交配

パリーノ・ネロ

かわいい丸型のズッキーニです。果実色は、濃緑色で光沢があります。開花後3~5日後の果実直径7~8cmで収穫します。収穫の遅れは、果実への傷や樹への負担になるため、適期収穫を心掛けます。生育初期から草勢が安定し、雌花、雄花がバランスよく開花して、次々に果実が収穫可能です。形を生かして、詰め物や皮まで食べられる器として使うとよいです。 [詳細を見る]

トリック

F1

トリック

直径10cm、重さ400gの手のひらに乗せられるミニサイズのハロウィンカボチャです。鮮やかなオレンジ色で、整った球形になります。とても腐りにくく、長持ちします。 [詳細を見る]

半白きゅう太郎

宇治交配

半白きゅう太郎

ユニークで食味に優れた、半白のミニキュウリです。葉は濃緑、小葉で、草勢はコンパクトにまとまる秀品率のよい品種です。果長10~12cm、果重50g前後のミニ半白胡瓜で、果皮がやわらかく歯切れがよいので、サラダなどの生食に向きます。ピクルスや浅漬けでも美味しいです。主枝は完全節成で、主枝及び側枝どちらにも複数の花が咲く多収品種です。うどんこ病に非常に強いため、減農薬栽培に最適です。べと病にも強いです。 [詳細を見る]

トリート

F1

トリート

どっしり大玉の観賞用カボチャです。直径30cm、重さ5~10kg位になります。1株から1果収穫できます。中間地:5月中旬まき、5月下旬定植→9月上旬収穫。冷涼地:5月下旬まき、6月上旬定植→9月上~中旬収穫。 [詳細を見る]

聖護院きゅうり

在来種
京都府

聖護院きゅうり

京都市内の聖護院地区で多く栽培されていたキュウリです。草勢は強く、葉は濃緑で厚く、節間の長さは中程度です。雌花はよく着き、節成性は強いです。果実は緑色で、果長25cm内外の黒イボ種です。果肉は厚くしまっており、首部に苦味がある場合があります。 [詳細を見る]

サラダピーマン ホワイト

一代交配

サラダピーマン ホワイト

ピーマンの交配種で、完熟収穫用のカラーピーマンです。果形はベル型で、果長11cm位、果径9cm位で、果重は180~200gの果揃いになります。果肉は肉厚で、甘みがあり、食味は極上です。食欲の出るカラフルなサラダとして利用できるだけでなく、炒め物にしても甘く美味しく食べられます。 [詳細を見る]

トロンボンチーノ

固定種

トロンボンチーノ

若いときは甘いズッキーニ、大きくするとカボチャの味わいを楽しめる、トランペット型のズッキーニです。若いときは、外皮は明るい緑色、大きくすると黄金色になります。16~24℃の温度さえ続けば、土質を選びませんが、カボチャのようにツルが良く伸びるので(5m~10m)、株間をあけて植えるか、トレリスなどに誘引します。
[詳細を見る]

UFOズッキーニ ホワイティ

固定種

UFOズッキーニ ホワイティ

UFOのような不思議な形をした白色のズッキーニです。実はあまり大きくしないで、直径7~8cmぐらいで早めに収穫すると外皮もやわらかく美味しいです。大きく育ったものは、飾りとして利用するのも良いでしょう。くせもなく、炒め物やてんぷら、スープなど、様々な料理に利用できます。小さい実を収穫し、丸ごと調理するのもおすすめです。 [詳細を見る]

マーベラスグリーン

固定種

マーベラスグリーン

外皮も中身も美しいエメラルドグリーン色の、細長い形のミニトマトです。果重約20~30g、長さ約3~4cmの実がたくさんつきます。果肉は甘くジューシーで、とても美味しいです。サラダやサンドイッチの彩り等に利用します。 [詳細を見る]

クリームイエロー

固定種

クリームイエロー

外皮も中身も綺麗なクリーム色のミニトマトです。果重約40~50gで、直径約3~4cmのピンポン玉ぐらいの大きさの実が沢山なります。外皮は薄く、果肉は甘みがあり、とても美味しいです。サラダやサンドイッチなど、料理の付け合わせに利用します。 [詳細を見る]

パープル トマティーヨ

固定種

パープル トマティーヨ

ナス科ホウズキ属で「トマティロ」とも呼ばれ、メキシコ料理に欠かせない食材です。袋状の皮の中に紫がかったトマトそっくりの果実が出来ます。完熟すると一般的な緑色のトマティーヨより甘みがあり、生食しても美味しいです。サルサソースやピクルス、ガスパチョ、ジャム、炒め物などに利用します。 [詳細を見る]

オレンジマーブル

固定種

オレンジマーブル

外皮・中身とも濃いオレンジ色~黄色の綺麗なマーブル模様の大玉トマトです。平均約450g、甘くてみずみずしい果肉です。サラダやサンドイッチなど、料理の彩りに利用します。 [詳細を見る]

べにくり

一代交配

べにくり

高粉質で調理後の色が鮮やかな赤皮カボチャです。日本種に近い粘質と西洋種の粉質をあわせもち、特有の風味と甘みがあります。果実は中果(1.8-2.0kg)で、果皮は鮮やかな赤橙色で、ストライプが入ります。草勢は強く、うどんこ病に強いです。低温日照下でも、花粉活性が良好です。収穫適期は、開花後45日前後。吸肥力が強いので、基肥は控えめにして追肥で調節します。 [詳細を見る]

ハスキー

F1

ハスキー

草勢強く栽培しやすい!白皮ノーネット緑肉ハネデューメロンです。果重は1.6kg前後で、糖度16~17度と高く、芳香も強いです。立体栽培では、子ヅル2本の2果穫り、地這栽培では、子ヅル2本の4果穫りが基本です。6~7月収穫で、登熟日数43~45日を目安とします。 [詳細を見る]

グリーンソード

タキイ交配

グリーンソード

肉質がやわらかくで食味がよく、莢色は「アーリーファイブ」より濃緑で、色ツヤに優れます。耐暑性に優れ、草勢低下による莢の曲がり、イボ果やアントシアン色素の発生が少ないです。分枝数は少なく、ハウス栽培でも作りやすいです。 [詳細を見る]

パリーノ・オリーブ

ダイヤ交配

パリーノ・オリーブ

かわいい丸型のズッキーニです。果皮は、ライトグリーン色で、軟らかいです。開花後3~5日後の果実直径7~8cmで収穫します。生育初期から草勢が安定し、雌花、雄花がバランスよく開花して、次々に果実が収穫可能です。ウイルス病(ZYMV)に強く、栽培しやすいです。形を生かして、詰め物や皮まで食べられる器として使うとよいです。
[詳細を見る]

パリーノ・ジャッロ

ダイヤ交配

パリーノ・ジャッロ

かわいい丸型のズッキーニです。果実色は、鮮明な黄色。開花後3~5日後の果実直径7~8cmで収穫します。生育初期から草勢が安定し、雌花、雄花がバランスよく開花して、次々に果実が収穫可能です。ウイルス病(ZYMV)に強く、栽培しやすいです。形を生かして、詰め物や皮まで食べられる器として使うとよいです。果肉をくり抜いてシロップをかけると、ハミウリのような食味になり、皮まで食べられます。 [詳細を見る]

地這胡瓜(固定種)

固定種

地這胡瓜(固定種)

地這胡瓜の固定種。春から夏にかけて幅広く栽培でき、霜の降りる頃まで収穫できます。草勢も強く作りやすく、家庭菜園に最適です。果は美しい濃緑色で、歯切れ風味も最高です。食味もすこぶる美味です。 [詳細を見る]

大和三尺胡瓜

固定種
ナント育成

大和三尺胡瓜

昔、大阪市場では「大和物」と言われ親しまれていた大和伝統野菜です。最大果長が3尺と言われている長尺タイプです。歯切れが良く、食味は良好です。各種漬物(特に奈良漬け)に向きますが、クセが無く、生食・炒め物にしても美味しいです。 [詳細を見る]

夏さんご

サカタ交配

夏さんご

肉質、食味のよい四葉キュウリです。栽培容易で、作りやすいです。主枝には3~4節ごとに、側枝には1~2節ごとに着果します。果実は濃緑色、果長28cm位で、歯切れのよい、おいしいキュウリです。 [詳細を見る]

伊勢ピーマン

固定種

伊勢ピーマン

固定種のピーマンです。果色は濃緑色でツヤがあり、果揃いの良い中型のピーマンです。草勢強く、栽培容易で、家庭菜園に最適の多収穫種です。やわらかく、食味抜群の栄養野菜です。F1品種の親としても、使用されています。 [詳細を見る]

大紅とうがらし

F1

大紅とうがらし

辛味の強い、大型とうがらしです。ハウス抑制、トンネル、露地栽培用の早生種で、青とうがらし及び乾燥とうがらし兼用品種です。果実の着果肥大が良好で、収量が多く曲り果が少ないです。果長14~15cm、果径1.5~1.7cm、果重14~15gで、果が太く、光沢があります。青とうがらしは濃緑色で、適当にからく、果のツヤもよいです。 [詳細を見る]

新北星キュウリ

ときわ交配

新北星キュウリ

ときわ研究場が作り出した、トンネル・露地栽培向きの最高人気品種です。キュウリ本来のパリッとした歯切れと、甘味さえ感じる最高の食味を持ちます。丈夫で作り易い良果多収品種です。営利用に限らす、自家用にも全国で最も多く栽培されています。 [詳細を見る]

加賀太胡瓜

在来種
石川県

加賀太胡瓜

加賀伝統野菜。果形は、丸みを帯びた形で、果色は、濃緑色です。果肉が厚くやわらかで、風味があり、日持ちがよいです。金沢特産の煮物用として栽培されていますが、煮食用あんかけ、酢の物等の日本料理から、中国料理、西洋野菜まで用途が広いです。 [詳細を見る]

ドカナリ千成(ミニ胡瓜)

F1

ドカナリ千成(ミニ胡瓜)

病気に強くて完全節成、スナック感覚のミニキュウリです。果長9~10cm、果重40g前後。イボのない光沢のある濃緑果で、揃い良く、着果は旺盛で、曲がり果や奇形果はほとんど出ません。葉は、やや小葉で、主枝、側枝とも完全節成+房成りで、1節に1~3果以上着果します。果実は、シャキットした歯ごたえがあり、青臭みもなく、キュウリ本来の香りを持ち、苦味はないです。サラダ等の生食だけでなく、漬物にも最適です。加工・業務用野菜としても利用できます。 [詳細を見る]

庄屋大長

タキイ交配

庄屋大長

果長は35~40cm程度にもなる大長ナスです。果色はツヤのある黒紫色で、果肉が特にやわらかで品質は極上です。焼きナスにすると絶品です。大長ナスとしては早生で、草勢、耐暑性が強く、大変作りやすい人気品種です。 [詳細を見る]

味甘ちゃん86(ハロー)

一代交配

味甘ちゃん86(ハロー)

熟期86日タイプのイエロー種。ボリュームがあり、穂が大きく、皮付重で450g近くになります。先端不稔は少なく、粒列がきれいで、しなびにくいです。粒皮軟らかく、糖度が高く、適期を過ぎても味が落ちにくいです。草丈は、露地栽培で200~210cm程度になります。 [詳細を見る]

マッチャン

サカタ交配

マッチャン

草姿はカボチャですが、ズッキーニのような形の果実を、若どりで楽しむカボチャです。外はサクッとした食感で、中はトロッとして、タネもやわらかくクセがないので、味噌汁や炒め物に好適です。 [詳細を見る]

グリーンボート2号

カネコ交配

グリーンボート2号

ウイルスに強く、極濃緑色で高収量のズッキーニです。果実は、極濃緑色の円筒形、長さ15~20cmで収穫期です。低節位からの雌花着生に優れる早生品種です。特に、出荷時期が短い遅まきで、能力を発揮します。ズッキーニ黄斑モザイクウイルス(ZYMV)およびカボチャモザイクウイルス(WMV)に強く、高温時の病害による生産の不安定さの軽減が図れます。 [詳細を見る]