HOME»固定種・在来種»トマト・茄子など夏野菜»

トマト・茄子など夏野菜

品種名 商品の概要
数量・価格(税別)
浜ニュークリーム

固定種
日東育成

浜ニュークリーム

国内では珍しい、クリーム色のピーマンです。中早生種で、果は、最初からクリーム色に着色し、完熟果はオレンジ色に変化します。果形は、獅子型で、一部尖り果が見られますが、小果(50g前後)から大果(100g以上)まで、いつでも収穫できます。果は、上方を向き、従来のパプリカ品種と比べ、収穫は多めです。一般緑果のピーマンと異なり、ピーマン臭が少なく食べやすいので、サラダ等、生食にも向きます。 [詳細を見る]

伊勢ピーマン

固定種

伊勢ピーマン

固定種のピーマンです。果色は濃緑色でツヤがあり、果揃いの良い中型のピーマンです。草勢強く、栽培容易で、家庭菜園に最適の多収穫種です。やわらかく、食味抜群の栄養野菜です。F1品種の親としても、使用されています。 [詳細を見る]

ししとう

固定種

ししとう

とうがらしの甘味種、シシトウガラシ(獅子唐辛子)。株張りが良く、枝の分岐もよいので、晩秋まで収穫できる多収種です。果色は光沢のある緑色で長さ5cmから7cmぐらいです。栽培が容易で家庭菜園にも向きます。4月下旬から5月まで苗も販売いたします。 [詳細を見る]

万願寺とうがらし

在来種
京都府

万願寺とうがらし

京都の万願寺周辺で栽培されている辛みのない甘トウガラシ。種が少なく、肉厚で美味しい。焼き物、炒め物、天ぷらなどにおすすめです。 [詳細を見る]

伏見甘長

在来種
京都府

伏見甘長

トウガラシ。辛味が少なく風味があり、素焼、炒め物、天ぷら、煮物に適します。果長は10‐12cmの長形で、曲がりが少ないです。着果数が多く分岐性に優れる品種です。 [詳細を見る]

かぐらなんばん(神楽南蛮)

在来種
固定種

かぐらなんばん(神楽南蛮)

古くから新潟県中越地方で栽培されてきた、ごつごつとした四角いピーマン型の辛南蛮です。形が神楽面に似ていることから、この名が付きました。肉厚で、独特の風味と程良い辛さで、味噌漬け、辛甘煮、揚げびたし、肉詰め、また各種料理の辛み付けに利用します。マイルドな辛さに、ファンが増加中です! [詳細を見る]

太長辛こしょう

在来種

太長辛こしょう

青とうがらし。信州松本周辺では、この青とうがらしを「辛コショウ」と呼び、家庭でおなじみの夏野菜です。果長5cmぐらいから収穫できるが、小さいうちはあまり辛味がなく、大きくなると辛味を増していく。 [詳細を見る]

黄色辛こしょう

在来種

黄色辛こしょう

辛味噌にとても美味しい辛トウガラシ。辛味はほどよい。クリーム色で艶があり、太い部分の果径2-3cm、果長10cmほどになり、辛味と甘みがあり、非常に美味しいです。辛味噌以外にも、火を通していろいろな料理に使うことができます。 [詳細を見る]

黄とうがらし

固定種

黄とうがらし

耐病性で鈴成り、激辛の食用・鑑賞兼用種です。草勢は旺盛で、ウイルス病に強く作りやすいです。中小葉で草姿は開張性、草丈60~70cmとなります。果は、6~7cmのテリのある濃黄色果で、下向きに数多く着果する豊産種です。青・黄熟果ともに辛味が強く、漬物などの香辛料に利用できます。観賞用としては、鉢作りや花壇で長期間に渡って楽しめます。 [詳細を見る]

げきから

固定種

げきから

着果数の多い豊産種で、長さ12cm位の細長果です。辛みは青トウガラシのうちから、かなりあります。

鷹の爪

固定種

鷹の爪

鷹の爪トウガラシ。果は3cm程度の円錐形で、完熟すると深紅色になる極めて辛味の強い品種です。草勢強く栽培容易、豊産性の家庭菜園にも向く品種です。通常乾燥後粉末にし、香辛料とします。4月下旬から5月まで苗も販売いたします。 [詳細を見る]

ハバネロ レッド

固定種

ハバネロ レッド

衝撃的な辛さとフルーティーな香りが特徴の激辛トウガラシです。ピクルス等の辛み付け、サルサソースやディプス・たれなど、辛いソースの辛み付けにご利用ください。 [詳細を見る]

ハバネロ オレンジ

固定種

ハバネロ オレンジ

衝撃的な辛さとフルーティーな香りが特徴の激辛トウガラシです。ピクルス等の辛み付け、サルサソースやディプス・たれなど、辛いソースの辛み付けにご利用ください。 [詳細を見る]

ブート ジョロキア

固定種

ブート ジョロキア

ハバネロより辛く、その辛さは世界ランキングの上位につけます。ピクルス等の辛み付け、サルサソースやディプス・たれなど辛いソースの辛み付けにご利用ください。 [詳細を見る]

タイ五色とうがらし

固定種

タイ五色とうがらし

紫やオレンジ、赤色のカラフルな実をつけるトウガラシです。果実の大きさは親指大で、ベランダ園芸や鉢栽培の彩りにも適しています。マイルドな辛さで、普通のトウガラシのように料理の辛味付けに利用します。

東京南瓜(芳香青皮栗)

在来種

東京南瓜(芳香青皮栗)

耐病性強く、栽培至って容易な早生の豊産種です。果は1.3kg位で、果皮は灰緑色。肉質厚く鮮橙黄色で、栄養価高く食味のすぐれた、おなじみの東京南瓜。暑さにも強く、開花後1ヶ月位で収穫できます。形、味、作りやすさ等、すべてを兼ね備えた家庭菜園に最適の品種です。 [詳細を見る]

会津南瓜

在来種

会津南瓜

会津カボチャ。早生の豊産種で、寒地では素晴らしい生育です。表面は、浅い縦溝があります。1.5kg‐2.0kgほどになります。肉厚ででんぷん質が多く栄養価も高いです。甘みがあり水分が多くねっとりしていて、会津かぼちゃ特有の香りがあります。栽培容易で家庭菜園にも向きます。 [詳細を見る]

飛騨南瓜

在来種
岐阜県

飛騨南瓜

果形は細長、胴太タイプ。(果長45cm前後、果重2.5-3.0kg)果皮色は灰色緑色で、光沢(ツヤ)があります。果肉色は橙褐色で、粉質性。草勢は比較的強く、大葉。(従来のカボチャ栽培より、株間を広く、施肥量をやや少なめにするといいです。)開花後、約50日で収穫。(果梗部のコルク化を確認し、収穫。)収穫後、1週間程度風乾し、お召し上がりください。 [詳細を見る]

勝間南京(こつまなんきん) かっちゃん

在来種
大阪府

勝間南京(こつまなんきん) かっちゃん

日本カボチャの一種で、なにわ(大阪)の伝統野菜です。直径は約12cm位ほどの、こぶりで縦溝とこぶがあるカボチャです。果皮は緑色ですが、熟すとオレンジ色になり、甘みが増します。さっぱりとした甘味があり、果皮も柔らかく、しっとりした風味で、様々な料理に利用できます。煮物やスープ、シチューなどにお薦めです。 [詳細を見る]

鹿ヶ谷かぼちゃ

固定種
京都府

鹿ヶ谷かぼちゃ

京都山城地区起源の日本カボチャです。赤系晩生種で、果形はひょうたん形となり、果長は20-25cm、果重2-3kg程度となります。果実は、未熟期には深緑色で、表面に大小の数多くの瘤があり、完熟期には白い粉がふき、地色は淡い柿色に変色します。多価不飽和脂肪酸とリノレン酸を多く含みます。 [詳細を見る]

バターナッツ

固定種

バターナッツ

質で味のよいヒョウタン形カボチャです。黄褐色の果皮で、果重800g程度となります。交配後30日程度で収穫できる極早生種です。1つるで2-3個着果可能な多収種で、果ぞろいもよいです。作りやすいので、家庭菜園でも手軽に栽培できます。 [詳細を見る]

金糸瓜(そうめん南瓜)

固定種

金糸瓜(そうめん南瓜)

ゆでると果肉が糸状になる南瓜です。摩訶不思議なそうめん南瓜です。完熟果は黄褐色の俵型、果重は1.8kgぐらいになります。 [詳細を見る]

ステラ

固定種

ステラ

イタリア名「ズッキーナ」。雄花、雌花とも大きく、高級食材として知られる花ズッキーニに好適です。円筒形で断面が星形の果実は、ジューシーでやわらかです。花ズッキーニとして収穫する場合は、雌花は果実が10cm以下の時、雄花は開花前後に収穫します。生育は早く、草姿はつるなしで節間が詰まります。 [詳細を見る]

パッローネ

固定種

パッローネ

イタリア名「ズッキーナ・トンダ」。ボールのように丸く仕上がり、イタリアでは肉詰めやサラダで食べられています。食感がやわらかく、果肉が多いので、さまざまな料理に利用できます。丸型で、ゴルフボールから野球ボールくらいで収穫します。脇芽が多く出るので、その都度欠き取ります。生育は早く、旺盛です。草姿は、つるなしで、節間が詰まります。丸い形を活かし、中に詰め物をしてオーブンで焼いたり、油でいためると、香り豊かで美味です。生食も可能なので、サラダでも使用可能です。 [詳細を見る]

バンビーノ

固定種

バンビーノ

イタリア名「ズッキーナ」。10cmから15cmほどの長さで収穫するミニズッキーニです。花数が多く、次々と果実が収穫できます。一般的なズッキーニより果実がやわらかく、香り豊かで色も鮮やかです。果実を付けた花ズッキーニとしても利用可能です。草勢はややおとなしいですが、節間が詰まり、よりコンパクトな草勢で着果数が多いです。収穫本数は、一般的なズッキーニの1.5倍となります。 [詳細を見る]

UFOズッキーニ ホワイティ

固定種

UFOズッキーニ ホワイティ

UFOのような不思議な形をした白色のズッキーニです。実はあまり大きくしないで、直径7~8cmぐらいで早めに収穫すると外皮もやわらかく美味しいです。大きく育ったものは、飾りとして利用するのも良いでしょう。くせもなく、炒め物やてんぷら、スープなど、様々な料理に利用できます。小さい実を収穫し、丸ごと調理するのもおすすめです。 [詳細を見る]

トロンボンチーノ

固定種

トロンボンチーノ

若いときは甘いズッキーニ、大きくするとカボチャの味わいを楽しめる、トランペット型のズッキーニです。若いときは、外皮は明るい緑色、大きくすると黄金色になります。16~24℃の温度さえ続けば、土質を選びませんが、カボチャのようにツルが良く伸びるので(5m~10m)、株間をあけて植えるか、トレリスなどに誘引します。
[詳細を見る]

沖縄長れいし

固定種

沖縄長れいし

ゴーヤ(苦瓜・にがうり)。果長が25cmから30cmで、極濃緑色。特有の苦みがあります。低温に弱いため、無理や早播きや早植えはやめましょう。 [詳細を見る]

島さんご

固定種
タキイ育成

島さんご

ゴーヤ(苦瓜・にがうり)。果皮は濃緑、果身は短太で、長さ20cmから25cmになります。 [詳細を見る]

乙女西瓜

固定種

乙女西瓜

小玉の西瓜(スイカ)。赤肉、極早生(交配後33~38日型)。果形は高球形でよく整い、果重は2.5kgほどの小玉種です。糖度も安定しています。着果が容易で作り易く、家庭菜園にもおすすめの品種です。 [詳細を見る]