HOME»固定種・在来種»胡瓜・漬け瓜»

胡瓜・漬け瓜

品種名 商品の概要
数量・価格(税別)
地這胡瓜(固定種)

固定種

地這胡瓜(固定種)

地這胡瓜の固定種。春から夏にかけて幅広く栽培でき、霜の降りる頃まで収穫できます。草勢も強く作りやすく、家庭菜園に最適です。果は美しい濃緑色で、歯切れ風味も最高です。食味もすこぶる美味です。 [詳細を見る]

大和三尺胡瓜

固定種
ナント育成

大和三尺胡瓜

昔、大阪市場では「大和物」と言われ親しまれていた大和伝統野菜です。最大果長が3尺と言われている長尺タイプです。歯切れが良く、食味は良好です。各種漬物(特に奈良漬け)に向きますが、クセが無く、生食・炒め物にしても美味しいです。 [詳細を見る]

加賀太胡瓜

在来種
石川県

加賀太胡瓜

加賀伝統野菜。果形は、丸みを帯びた形で、果色は、濃緑色です。果肉が厚くやわらかで、風味があり、日持ちがよいです。金沢特産の煮物用として栽培されていますが、煮食用あんかけ、酢の物等の日本料理から、中国料理、西洋野菜まで用途が広いです。 [詳細を見る]

丸きゅうり

固定種

丸きゅうり

実の直径5~6cmほどで、青りんごのような淡緑色の丸いキュウリです。実もよく成ります。ほんのりとした甘味も感じられ、サラダや生食のほか、ピクルスなどにお薦めです。 [詳細を見る]

へびうり グリーンナイル

固定種

へびうり グリーンナイル

『Snake Gourd』と呼ばれる、インド原産の食用からすうりです。実は長さ1m、太さ3~4cm位になります。棚などに誘引すれば真っ直ぐに、地這いにすると、クネクネ曲がった形になります。若いうちに、塩もみ・浅漬け・あんかけ・炒め物などにして食べます。皮の匂いが気になる場合は、皮をむいて食べます。飾りに使う時は、完熟させてください。 [詳細を見る]

改良松本本瓜

在来種
長野県

改良松本本瓜

病害に強く作りやすいため、必ず豊作になります。松本地方の食卓では、お漬物として親しまれています。 [詳細を見る]

青はぐら瓜

固定種

青はぐら瓜

浅漬け、一夜漬けに最適な、漬け瓜。はぐらうり。皮は光沢ある濃緑色で、表面には数本の緑条がある。果長は約25cm、果形はやや太めの円筒形。肉質はやわらかく、肉厚で独特の風味と甘みがある。 [詳細を見る]

青縞瓜

固定種

青縞瓜

漬け瓜。大型で40cmから50cmぐらいになります。緑色の地に濃緑色のたて縞が入り、美しい外観です。家庭菜園でも作りやすい豊産種です。 [詳細を見る]

かりもり

固定種

かりもり

病害に強く生育旺盛、作りやすい小型の漬け瓜で家庭菜園でも手軽に作れます。果は濃緑色の円筒形、長さ20cmぐらい、果重約1kg位、揃いもよく多収穫が得られます。 [詳細を見る]

乙女縞瓜

在来種
長野県

乙女縞瓜

別名「メロン瓜」「ガマ瓜」。手のひらサイズの漬け瓜で、主に浅漬けにされます。春まきです。 [詳細を見る]

姫とうがん

固定種
タキイ育成

姫とうがん

果形は俵型の使いやすいミニトウガン。果形の乱れが少なく揃いが非常によい。草勢にスタミナがあり、耐暑性にすぐれ、着果率が高い。果肉は白色でやわらかく肉厚。耐寒性はなく、冷涼地では、夏季のみ栽培が可能。 [詳細を見る]

大長夕顔

在来種
長野県

大長夕顔

美しい純白の果肉で、他の具材とともに煮物などにして美味しくいただけます。干すことにより、「かんぴょう」という乾物として重宝します。4月下旬から5月まで苗も販売いたします。 [詳細を見る]

太へちま

固定種

太へちま

へちま。果皮は淡い緑、果実は円筒形で肥大が早い。熟せば網状の繊維が発達するので、タワシなどに利用できる。化粧水にも。病気に強く栽培も容易で、棚づくりで日よけ用に利用される。 [詳細を見る]

グリーンゼリーメロン

固定種

グリーンゼリーメロン

熱帯アフリカ原産のウリ科キュウリ属のつる性一年草です。果実は、長さ15cmほどの楕円形で、表面に円錐形のトゲがあります。果肉は、美しい緑色のゼリー状で、独特の食感とさわやかな風味があります。タネが多いですが、タネごと食べることができます。ビタミンA・C、食物繊維、鉄分が豊富です。生食のほか、サラダやジュース、飾りに利用します。 [詳細を見る]