HOME»大袋種子(特価)»葉菜類»ホウレンソウ»

ホウレンソウ

品種名 商品の概要
数量・価格(税別)
ミラージュ

サカタ交配

ミラージュ

剣葉の一代交配種で、べと病R-1~7に抵抗性をもつ。極濃緑、平滑な剣葉で、葉先がとがり、はっきりと欠刻が入る。立性で収穫作業性にすぐれる。フザリウムによる萎凋病に対し、「アクティブ」以上の強い耐病性をもつ。適応作型は広いが、耐暑性にすぐれるので、温暖地、暖地の7月中旬~8月下旬まき、および寒冷地の7月中旬~8月中旬まきにとくに適している。 [詳細を見る]

ジャスティス

サカタ交配

ジャスティス

べと病R-1から8に抵抗性。萎凋病に強い耐病性。極晩抽性で、3月下旬~8月中旬まで播ける。草勢強く、耐暑性があり、高温期でも生育遅延などおきにくい。早生性でも株張りがよく、収量性に優れる。立性で葉軸がしなやかで、作業性がよい。 [詳細を見る]

カイト

サカタ交配

カイト

極晩抽性の交配種で、べと病R-1から8抵抗性、萎凋病に耐病性をもつ。極濃緑、比較的平滑な広葉で、葉先がやとがり、浅く欠刻が入る。葉枚数が多い上に葉軸が太く充実し、量性が高い。極晩抽性品種としては、立性で草姿がよく、葉軸が折れにくいため収穫作業性にすぐれる。収穫期に達してからの生育速度があま早くならないので、在圃性が高い。収穫後の品質劣化が少なく、店もちが非常によい。高冷地の6月まきに特に適している。 [詳細を見る]

アクティブ

サカタ交配

アクティブ

べと病R-1、3に抵抗性で萎凋病に強い。浅い欠刻のある広葉で、食味もよい。生育はやや遅く、とくに低温期はじっくり生育する。立性で葉身と葉柄のバランスがよく、株張りのよい多収品種。抽だいは安定しており、萎凋病にも強いため、春から夏の栽培に適している。また大面積の越冬栽培にも適する。 [詳細を見る]

オシリス

サカタ交配

オシリス

極濃緑、平滑な剣葉で、葉先がややとがり、はっきりと欠刻が入る。べと病R-1~10までに抵抗性をもつ。草姿は立性で、収穫調整しやすい。耐寒性が強く、暖地なら無被覆の露地越冬栽培でも良品が収穫できる。耐湿性が強く、湿害による黄化が出にくい。低温伸長性にすぐれるため、一般地や暖地の10月中旬~12月中旬まき、冷涼地の9月中旬~10月上旬まきに最も適している。生育強健な豊産種であり、非常につくりやすい。ホウレンソウ栽培が初めての方からベテランまで幅広く利用可能な品種である。 [詳細を見る]

クロノス

サカタ交配

クロノス

極濃緑、平滑な剣葉で、葉先がとがり、浅く欠刻が入る。草姿は立性で、収穫調整しやすい。耐寒性が強く、暖地なら無被覆の露地越冬栽培でも良品が収穫できる。耐湿性が強く、湿害による黄化が出にくい。低温伸長性にもすぐれるため、温暖地や暖地の10月中旬~12月中旬まき、寒冷地の9月中旬~10月中旬まきに最も適している。生育強健な豊産種であり、非常につくりやすく、初心者からベテランまでの万人向けの品種。 [詳細を見る]

トラッド7

サカタ交配

トラッド7

濃緑平滑な広葉で葉先がとがり、浅く欠刻が入る。根色が赤みを帯びているため、見栄えがよい。生育はやや早め、葉軸が太く充実し、非常に収量性が高い。立性で軸折れがしにくく、非常に収穫作業性にすぐれている。冷涼地の9月中旬~10月中旬まき、および温暖地、暖地での10月中旬~12月中旬まきにはとくに適している。業務用など、大きなサイズでの収穫にも適している。 [詳細を見る]

トラッド

サカタ交配

トラッド

濃緑平滑な広葉で葉先がとがり、浅く欠刻が入る。根色が赤みを帯びているため、見栄えがよい。生育はパンドラ並だが、葉軸が太く充実し、収量性が高い。立性で軸折れがしにくく、非常に収穫作業性にすぐれる。寒冷地の8月中旬~10月上旬まき、2月下旬~3月下旬まき、および温暖地、暖地での8月下旬~3月まきに適している。業務用など、大きなサイズでの収穫にも適している。 [詳細を見る]

アグレッシブ

サカタ交配

アグレッシブ

極濃緑、平滑な剣葉で、葉先が尖り、はっきりと欠刻が入る。べと病R-1から7の抵抗性をもつ。草姿は立性で、収穫調整しやすい。耐寒性が強く、暖地なら無被覆の露地越冬栽培でも良品が収穫できる。耐湿性が強く、湿害による黄化が出にくい。低温伸長性にすぐれるため、温暖地や暖地の10月中旬~12月中旬播き、寒冷地の9月中旬~10月中旬まきに最も適している。露地で寒い時期に収穫すると根元が華やかな鮮紅色になり、見栄えがよい。昔ながらの赤根のホウレンソウを出荷したい方に適している。 [詳細を見る]

おかめ

タキイ交配

おかめ

葉肉は緻密で品質がよく、くせのない食味。葉は深い切れ込みが2~3段ある剣葉種。耐暑・耐湿性にすぐれ、高温期の栽培に向く夏どり種。草姿は立性で、葉柄と葉身のバランスがよく、収穫・調製作業が容易。

[詳細を見る]