HOME»大袋種子(特価)»果菜類»

果菜類

品種名 商品の概要
数量・価格(税別)
ゴールドラッシュ90

サカタ交配

ゴールドラッシュ90

熟期は90日の中晩生イエロー品種。粒色が鮮やかで見栄えがよい。とくにフルーツのような香りが強く、食味がよい。絹糸抽出日から収穫までの期間は現行品種並みだが、糖度の低下が遅く、しなびにくい。雌穂はやや長形、2Lで先端不稔は現行品種と比較しても少なく、よくそろう。耐暑性があるので、露地栽培(露地マルチ栽培も含む)だけでなく、抑制栽培にも向く。草勢が旺盛で、非常に倒れにくく、収穫作業が容易。また病気にも強いので安心して栽培できる。 [詳細を見る]

グリーンガード

タキイ交配

グリーンガード

台木用トマト。青枯病(B)とコルキールート(褐色根腐病:K)に強耐病性のF1台木。青枯病とコルキールートのほか、トマトモザイクウイルス(Tm-2a型)、萎凋病レース1(F1)とレース2(F2)およびレース3(F3)、根腐萎凋病(J3)、半身萎凋病(V)、サツマイモネコブ線虫(N)に複合耐病虫性。胚軸の色が緑色で穂木との識別が容易なため、接ぎ木間違いを起こさない。発芽がよくそろい、幼苗接ぎ木も容易。栽培初期はおとなしく、中盤以降はスタミナがつき、夏秋や抑制栽培で生育が安定する。 [詳細を見る]

レッドオーレ

レッドオーレ

ピンポン玉大の中玉サイズで果形は球形。平均1果重は40-50g位、濃赤色に着色し店持ちにも優れます。最大の特徴はフルーティな食味にあり、高糖度かつ低酸度で粘質な食感はこれまでのトマトの常識からはかけ離れた素晴らしさです。 草姿は伸長型、草勢は中強で長段栽培でもスタミナ切れしにくいタイプです。葉はやや大葉となりますが欠刻が強いので光線のとおりは十分です。花房はシングルが基本で1房当たり8-12果程度の着果数となります。 萎凋病(レース1)、ToMV(Tm-2)に耐病性を有します。また異常主茎、尻腐れ、すじ腐れ、奇形果の発生が極めて少ない点が特徴です。

  • 萎ちょう病(レース1)、TMV(Tm-2)に耐病性を有します。また異常主茎、尻腐れ、すじ腐れ、奇形果の発生が極めて少ない点が特徴です。

耐病VF

タキイ交配

耐病VF

台木用ナス。ナスの半枯病(F)と半身萎凋病(V)に耐病性をもつ、ハウス栽培向けの台木専用種。草勢旺盛で、栽培全期間を通じて秀品率が高く多収。接ぎ木までの生育が早く、「赤ナス」よりも節間が長いので、接ぎ木が容易。 [詳細を見る]

キャンベラ90EX

一代交配

キャンベラ90EX

甘みが強い良質のイエロー種。熟期は中生。中間地のマルチ栽培では、播種後90日程度で収穫ができる。雌穂は、苞葉付きで390g程度のそろった穂になり、穂先の詰まりもよい。草丈は200cm程度、生育旺盛で根張りがよく倒伏に強い。中間・暖地では露地抑制栽培も可能。比較的粒皮が厚いので、焼きトウモロコシにも向く。 [詳細を見る]

キャンベラ86

一代交配

キャンベラ86

甘みが強い良質のイエロー種。熟期は中早生。中間地のマルチ栽培では、播種後86日程度で収穫ができる。雌穂は、苞葉付きで420g程度の大穂となり、先端不稔も少ない。草丈は190cm程度、生育旺盛で倒伏にも強く作りやすい。比較的粒皮が厚いので、焼きトウモロコシにも向く。 [詳細を見る]

ゴールドラッシュ

サカタ交配

ゴールドラッシュ

品質がよく、おいしい。粒皮がやわらかく、さわやかな甘みの高食味タイプ。皮の残りが少なく、後味すっきり。中早生イエロー品種。熟期は83-84日で、高食味タイプのなかでは、かなりの早生性がある。雌穂は2L以上で、先端不稔が少なく、よくそろう。栽培環境に左右されにくく、形状が安定しているので秀品率が高く収量が安定する。皮色も濃く、旗葉もしっかりしているので、包皮つきの見栄えもよい。発芽・低温伸長性がよいので、トンネル栽培など早い作型から安心して栽培できる。食味のよさがセールスポイントなので、必ず適期収穫する。 [詳細を見る]

ゴールドラッシュ86

サカタ交配

ゴールドラッシュ86

一般地マルチ栽培で、「ゴールドラッシュ」より3日ほど遅い、中生イエロー品種86日タイプ。「ゴールドラッシュ」より、やや粒皮がかためだが、さわやかな甘みで食味がよい。また、高温期でも「ゴールドラッシュ」よりしなびにくく、収穫適期が広い。雌穂はシリンダー形でそろいがよく、先端不稔も少ないので秀品率が高い。また、「ゴールドラッシュ」より一回り大きく、収量性が高い。草姿はややコンパクトで、背丈もやや低い。分けつも少なめですが、倒伏しづらく、管理がしやすい。 [詳細を見る]

ゴールドラッシュ88

サカタ交配

ゴールドラッシュ88

一般地マルチ栽培で、「ゴールドラッシュ」より5日ほど遅い、中生イエロー品種88日タイプ。甘みがとくに強く、粒皮もやわらかで食味がよい。また、高温期でも「ゴールドラッシュ」よりしなびにくく、収穫適期が広い。雌穂は長形で、「ゴールドラッシュ」より大きく、収量性が高い。草姿はやや草丈高く、分けつも多めで草勢が旺盛になる。 [詳細を見る]

おひさまコーン88

一代交配

おひさまコーン88

粒皮が特にやわらかく、糖度が高い食味重視の極良質イエロー種。熟期は中生。中間地のマルチ栽培では、播種後約88日で収穫できる。中間・暖地では、7月下旬~8月中旬まき10月収穫の露地抑制栽培も可能。穂重は、苞葉付きで420g前後。粒列の並びがよく、ボリューム感がある。草丈200cm程度で、根張りよく倒伏に強い。苞葉のかぶりがよく、鳥害や虫害に強い。 [詳細を見る]

おひさまコーン7

一代交配

おひさまコーン7

粒皮が特にやわらかく、糖度が高い食味重視の極良質イエロー種。熟期は中早生。中間地のマルチ直播栽培では、播種後86日程度で収穫ができる。穂重は、苞葉付きで400g前後。粒皮にツヤがあり、先端不捻は少ない。草丈170cm程度で茎が太く、草姿はコンパクト。苞葉のかぶりがよく鳥害や虫害に強い。 [詳細を見る]

ランチャー82

一代交配

ランチャー82

食感にすぐれ、粒がしなびにくく、店もちが非常によい極良質イエロー種。熟期は、早生。中間地のマルチ栽培では、播種後約82日程度で収穫ができる。穂重は、苞葉付きで400g程度とボリュームがあり、先端不稔も極めて少ない。草丈160cm程度とコンパクトな草姿で、倒伏に強く、施設栽培での早出しに向く。粒列のそろいがよく、商品価値も高い。粒が大きいため可食部が多く、家庭料理でも利用しやすい。苞葉のかぶりがよく、鳥害や虫害に強い。 [詳細を見る]

トナシム(ハイダッシュシード)

タキイ育成

トナシム(ハイダッシュシード)

台木用ナス。トゲのないトルバム型の台木品種。青枯病(B)、半枯病(F)、半身萎凋病(V)、サツマイモネコブ線虫(N)に複合耐病虫性の台木。茎や葉にトゲがないので、接ぎ木作業や台芽とりなどの栽培管理がたいへん容易。 [詳細を見る]

ミート

タキイ交配

ミート

台木用ナス。ナスの半枯病(F)と半身萎凋病(V)に耐病性をもち、青枯病には「赤ナス」よりも強い複合耐病性の台木専用種。草勢と吸肥力は「赤ナス」よりもややおとなしい。低温伸長性が強く夏季の生育もよいので、7月まきの促成栽培から2~3月まきの夏秋栽培までの各作型で能力を発揮する。幼苗期の生育が早く、接ぎ木作業が容易。 [詳細を見る]

サポート

サカタ交配

サポート

台木用トマト。青枯病(B)に対して強度の耐病性を示し、根腐萎凋病(J3)、萎凋病(F:R-1,2)、ToMV(Tm-2,Tm-2aへテロ)、半身萎凋病(V)に抵抗性、ネマトーダ(N)に耐虫性をもつ台木用トマト。 [詳細を見る]

トルバム・ビガー(ハイダッシュシード)

農林水産省野菜試験場選抜

トルバム・ビガー(ハイダッシュシード)

台木用ナス。青枯病(B)、半枯病(F)、半身萎凋病(V)、サツマイモネコブ線虫(N)に複合耐病虫性の台木。強勢で養水分の吸収能力が高いため、高温・乾燥による草勢の低下が少なく、長期栽培でも多収に結びつく。トンネル栽培、露地栽培に最適し、青枯病や半身萎凋病の発生する地域では、促成や半促成栽培にも使用できる。 [詳細を見る]

スターク

タキイ交配

スターク

台木用カボチャ。栽培後半のスタミナを強化し、果形の安定性をもたせることを目的に育成したブルームレス台木。うどんこ病に強いため、育苗管理の負担を軽減できる。特に大量の苗生産現場において、苗質が安定する。厚みのある大粒種子で胚軸は太く、空洞が小さいので、接ぎ木が容易。 [詳細を見る]

黒タネ南瓜

固定種

黒タネ南瓜

キュウリ用台木。冬春キュウリに最適の台木用カボチャ。連作地で発生するつる割病に抵抗性で、発根力が特に強く、低温期でも旺盛な生育となって、初期から上物が得られ、増収となる。厳寒期のハウス栽培で卓効を示すほか、低温に弱い夏キュウリの前進栽培にも、台木として好適。 [詳細を見る]

改良新土佐一号

サカタ交配

改良新土佐一号

キュウリ・メロン用台木。「新土佐一号」に比べて、低温性があり、吸肥・吸水力が強く、根張りが旺盛。キュウリ、プリンスメロンに対して接木親和性が高い。発芽勢がよく、子葉の奇形、欠損がごく少なく、苗がよくそろい健苗率が高い。子葉は立型になり、子葉のつけ根のすき間が広く、接木操作が容易。つる割病抵抗性で、そのほかの土壌病害虫にも強く、耐候性にすぐれている。 [詳細を見る]

縞王M(マックス)

天理交配

縞王M(マックス)

ツル性は稿王よりやや細く、伸長力は強い。着果も容易で秀品率が高い。果実は7-10kgの大果のやや腰高球。 [詳細を見る]

愛娘(まなむすめ)

ナント交配

愛娘(まなむすめ)

草勢はやや強いが、低温期にも花粉の発生は良好で、着果よく揃う。葉色は濃緑、ツル太さは中程度で節間やや短め。小玉種ではあるが、果重2.5-3.0kg程度と肥大力があり、早期栽培の日照少ない条件下でも安定生産が可能。 [詳細を見る]

愛娘あすか

ナント交配

愛娘あすか

草勢は中程度、葉色濃緑、ツル細めで低温・少日照期にも徒長しにくく、花粉発生も良好で着果よく揃う。裂果少なく栽培用意。果実は腰高-高球形、果重2.5kg程度の小玉種。濃緑色の果皮に大玉系のような太縞が入った迫力のある外観。果肉色は濃桃、小玉系特有の粗めの肉質だが硬く、シャリ感あって食味良好。糖度は13度以上に安定する。2番果以降の高温期においても、外観・内容ともに安定し秀品率高い。ツル先の草勢回復が早く、2番果の着果が容易。
[詳細を見る]

アールスナイト

サカタ交配

アールスナイト

マルセイユ

サカタ交配

マルセイユ

定植から収穫まで、整枝、摘果の労力がほとんどかからない超省力栽培の品種。 草勢はおとなしく、草姿はコンパクトで小葉、葉色は濃緑色。 [詳細を見る]

レノン

タキイ交配

レノン

低温期の栽培でも、つる伸びが緩慢にならず、肥大性にすぐれ着色も安定するため、早まきが可能な赤肉ネットメロン。種子部が小さく、皮ぎわの緑色部も少ないため、果肉が厚く、日もちも安定して市場性が高い。 [詳細を見る]

サンライズ

一代交配

サンライズ

栽培容易な露地用ネットメロン。果重は800~1kg。果形は高球形で、よく揃う。果肉は鮭肉色で、メルティング質。肉質がよく、安定した糖度で芳香があり、食味良好。強勢でつる伸びがよく、側枝の発生が早い。低温少日照下でも、雌花がよく充実し、着果が極めて容易。 [詳細を見る]

プリンスPF

サカタ交配

プリンスPF

プリンス

サカタ交配

プリンス

マクワウリと露地メロンの一代交配種。パイプハウス、トンネル早出し栽培向き。高冷地では簡易トンネルによる盛夏出荷によい。果実は500~600g、糖度15~17度で甘みがとくに強く、芳香がある。昼間27~30℃、夜間17~20℃前後が適温である。土質は肥沃であまり乾かないほうがよい。低温時の伸長性はよいが、高温乾燥には弱いので、ポリマルチングと敷ワラを完全にする。 [詳細を見る]

坊ちゃん

F1

坊ちゃん

果重500g前後、黒緑色の果皮、果柄部がくぼむ形が特徴。大玉種より小葉ながら長期間草勢強く、多果性の豊産種。開花後40~45日でとれる早生種。強粉質で甘く、カロチンが多い。 [詳細を見る]

夏すずみ

タキイ交配

夏すずみ

極早生でやや長めの中獅子型。果重は40g程度で、果皮にツヤがあり品質良好。草丈はやや低いが、スタミナがあり、初期から収量が多い。節間はやや短めで、密植栽培も可能。ハウス半促成栽培や、トンネル早熟栽培などの早出しに最適。