HOME»信州の在来種»野沢菜»

野沢菜

日本の三大漬菜のひとつである「野沢菜漬」として、全国的にも有名な信州名産の漬菜。
広く信越地方で栽培され、9月上旬に播種、強い霜に2、3回当て、11月中旬から12月上旬に収穫する。
ほとんどが漬物に利用され、あっさりとした味わいにお茶うけとしても親しまれている。

品種名 商品の概要
数量・価格(税別)
美郷1号(野沢菜)

サカタ交配

美郷1号(野沢菜)

野沢菜。根こぶ病、べと病に強い。漬け上がりが鮮明な緑で色がよく、葉軸の繊維はやわらかく、のりのある良質な味。固定種に比べ生育が早い。 [詳細を見る]

おかあちゃん

一代交配

おかあちゃん

茎葉ともにやわらかく、特有の風味は格別、漬物として味は最高です。また、汁の具にも利用できます。野沢菜漬として有名なかぶなで、寒さに強い豊産種です。葉は緑色で大きく、茎は丸味があり、丈は80cm位にもなります。草勢強く、栽培容易で、播種後80日位で収穫できます。 [詳細を見る]

野沢菜

在来種
長野県

野沢菜

葉は緑色で大きく、茎は丸みがあり、丈は1mほどになります。草勢が強く、栽培が容易で、播種後80日ぐらいで収穫できます。本場、野沢温泉村で採種された在来種です。 [詳細を見る]