HOME»信州の在来種»稲核菜(いねこきな)»

稲核菜(いねこきな)

飛騨地方から伝播し、かつて県内三大漬け菜の一つといわれていました。葉は繊維質が強く硬めですが、うま味があります。

品種名 商品の概要
数量・価格(税別)
稲こき菜

在来種
長野県

稲こき菜

稲核菜(いねこきな)は、松本市安曇地方で、主に漬け菜として栽培されています。耐寒性に強く、つくり易いです。漬物用として、独特の風味を発揮します。 [詳細を見る]